« 小田急、箱根湯本直通急行廃止 | トップページ | 東急最後の8000系、ついに去る »

2008年2月20日 (水)

春の訪れか…伊豆急行〔河津桜号〕がやってきた

日ごろから、極力コンパクトデジカメを持参し、いざという事態に対応できるように心がけています。

仕事が徹夜になってしまい、明けで帰宅する際に、ある臨時列車の存在が気になっていたのを思い出しました。なので、大船駅まで出向きました。

Dscn5081

さすがに眠気があるので、対象列車のみの撮影。お目当ては特急〔リゾート踊り子83号〕伊豆急下田行き。”河津桜号”の愛称も付いていて、伊豆急行2100系”黒船電車”(2代目)8両編成で運転されています。

従来、〔河津桜号〕は千葉から183系車両で運転されていたのですが、昨年から東京発に変更になり、車両も黒船電車になりました。5号車にはグリーン車扱いとなっている”ロイヤルボックス”が連結されており、伊豆急行線内でトンネルに入ると、天井に光ファイバーの演出による「星空のイルミネーション」が楽しめるそうです♪

伊豆の河津町に咲く「河津桜」は、1月下旬~2月にかけて開花する早咲き桜で有名。2月9日~3月10日に「河津桜まつり」が開催され、この列車もそれに合わせての運転ですが、2月18日~22・25~29日の平日のみなのが撮影するのは難しいところ。そういう意味では、今日は貴重な撮影チャンスとなりました。

Dscn5083

平日にも拘らず、多くの乗客を乗せていた”河津桜号”は伊豆を目指して去ってゆきました。奇しくもこの日は、久々にポカポカ陽気…列車名と共に、春の訪れを感じたひとコマでした。

|

« 小田急、箱根湯本直通急行廃止 | トップページ | 東急最後の8000系、ついに去る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/10639523

この記事へのトラックバック一覧です: 春の訪れか…伊豆急行〔河津桜号〕がやってきた:

« 小田急、箱根湯本直通急行廃止 | トップページ | 東急最後の8000系、ついに去る »