« 京王〔高尾山冬そば号〕&小田急〔ハローキティ号〕を撮影してきました | トップページ | 富士急行線に乗ってきました2 ~富士急行線~ »

2008年2月12日 (火)

富士急行線に乗ってきました1 ~大月駅にて~

10日に、友人の小金井シンさんら3人で富士急行線を乗り鉄してきました。

Dscn4974

本格スタートは、JR中央本線高尾駅から。前夜に降った雪がほとんど残っています。ホーム上にある天狗像の頭にも白いものが。

Dscn4975

30分の列車待ちの間に撮影したのが、201系”四季彩”編成の立川からやってきた快速〔四季彩河口湖号〕

当初の予定では、大月で待ち構えるつもりでしたが電車に乗り遅れてしまったので…。

Dscn4978

主に土休日を中心に、立川・青梅~奥多摩を運行する”四季彩”ですが、こうして他区間にも臨時列車として用いられる機会も多いです。しかし、7月頃に廃車予定で後継車種が登場するのか気になるところ。

Dscn4980

寺社風造りの高尾駅駅舎にも、ほんのり雪が残っていました。

Dscn4982

高尾から大月まで普通列車で移動するも、ここでメンバーの1人が乗り遅れるというハプニング発生!なんと、駅前のファーストフード店で寛いでいたという大失態。その彼は、後発の快速〔ホリデー快速河口湖1号〕で追いかけてきました。その列車を、我々は大月で撮影。ところで、この列車にもイラスト入りヘッドマークが登場したので、それが撮影できるものと期待していたのですが、今回の表示幕は、従来の”快速”だけの表示だったので、ガッカリ。

Dscn4983

晴天の大月駅ホームや、線路にはかなりの雪が残っており(特にホームの端っこでは山盛りでした)、ここに来るまでの間の車窓からも、雪景色を楽しみました。留置線には、115系スカ色3両編成がいました。

再び全員が揃い、暫くの間、JR線を撮影します。

Dscn4984_3

E257系9両編成でやってきた特急〔あずさ7号〕です。独特なデザインのE257系は2002年にブルーリボン賞を受賞しています。

Dscn4985

付属編成を連結していないので、新宿方の最後部は貫通型。

Dscn4987

大月止まりの長野色115系6両編成が入線してきました。

Dscn4989

JR中央本線は、貨物列車も比較的多く運転されています。今回も何かしら貨物列車が撮影できるかもと思っていたら、EH200形電気機関車が牽引するタンク車がやってきました。”ブルーサンダー”という愛称を持つこの機関車は、中央本線・篠ノ井線などの勾配線区で使用されていたEF64形基本番台電気機関車の置換えを目的として、2001年から製作されています。

Dscn4991

韮崎からやってきた、大月行き115系スカ色3両編成の普通列車。回送扱いになった後、一度上り線を進んで、留置線に転線して行きました。

Dscn4992

その間に、高尾からやってきた大月行き115系スカ色6両編成普通列車。今日は国鉄色を多く見る日です。

Dscn4994

一度、留置線に転線していた115系はが再び本線に戻り、甲府行きとして入線。

Dscn4995

EF64形1000番台電気機関車の単機がやってきました。どうも、この形式と雪はマッチする気がします♪

Dscn4996

東京からE233系10両編成の中央線快速がやってきました。東京~高尾がメインの中央線快速ですが、大月や河口湖まで延伸するものもあります。

Dscn5010

一連の撮影を終えて、改札を出ました。”関東の駅百選”にも選出されている大月駅駅舎。バックの岩殿山もほんのりと雪が残っています。

Dscn4999

富士急行線ホームを踏切側から撮影。左から5000形「トーマスランド号」・2000系「フジサン特急」・1000系「甲斐の開運 蔵開き号」。そろそろ、「トーマスランド号」の出発です。

Dscn5000

河口湖に向けて発った、富士急行唯一のオリジナル車両である5000形。1編成しか残ってなく、それを「トーマスランド号」として運転しています。内外装ともに「きかんしゃトーマス」のキャラクターがデザインされています。

Dscn5002

「トーマスランド号」が出発して2番線が空いたことで、中央の1番線停車中の特急「フジサン特急」のサイドビューが見やすくなりました。車体に描かれた101体のフジサンキャラクターは、乗客にとってかなり目を惹く存在。子供を並ばせて記念撮影に興じる人の姿が、なかなか絶えませんでした。

Dscn5004

なんとか、ホームの人影が途絶えたところで撮影できました♪

Dscn5007

河口湖からやってきた1000系2両編成の特急が、2番線に入線。

Dscn5008

それと入れ替わるかのように、1番線の特急「フジサン特急」が出発して行きます。

Dscn5009

「フジサン特急」に使用される2000系は、元国鉄のジョイフルトレイン”パノラマエクスプレス・アルプス”で使用されていた165系6両編成を譲り受けた際に、3両編成2本に分割しているので、片側は展望車ではなく貫通型になっています。

Dscn5006

1本の留置線に留まっていたのは、元京王5000系を譲り受けた1000系2両+2両の4両編成。円形のヘッドマークが付いてますね。

Dscn5005

富士急行沿線の地酒である「甲斐の開運」。この新酒をお披露目するイベントに際し、運転される「蔵開き号」です。予定では大月12:07発で、これも撮影対象にリストアップしていたので、後の走行写真が楽しみです。

Dscn5011

そろそろ富士急行に乗ろうとホームへ。先ほどの1000系特急が2番線に停車中でした。

Dscn5012

昨年11月より、2000系1編成の車両定期検査実施に伴い、車内を座席カバー付き転換クロスシートやテレビ付きの1000系(元、特急「ふじやま号」専用仕様)による代替え運行をしているのです。とはいえ、2000系と比べるとサービス面や人気では劣るのは否めず、この場合の特急料金は、大月~都留文科大学前100円(フジサン特急は150円)、大月~富士吉田・富士急ハイランド・河口湖200円(フジサン特急は300円)と割安に設定しています。

我々は特急の停まらない途中駅にて下車する予定でしたので、1000系2両編成の普通列車に乗って、大月を発ちました。

|

« 京王〔高尾山冬そば号〕&小田急〔ハローキティ号〕を撮影してきました | トップページ | 富士急行線に乗ってきました2 ~富士急行線~ »

コメント

”やっちまった”なトラブルから”コンチクショー”なトラブルまで様々でしたが(汗)こうして見ると白ベースの車体多かったですね。雪景色にも映える感じしますが、個人的には115系は国鉄色が落ち着きますね。大月まで来るとまだまだ本数走ってるんだな、と少々嬉しかったです。

投稿: 小金井シン | 2008年2月12日 (火) 22時59分

小金井シンさん>
ハプニング連続のなか、お疲れ様でした。大雑把な行程を踏んでいたので大事故にならずに済んでよかったですね。中央本線115系も置換えの噂をチラホラと聞くので、ちゃんとした走行写真を一枚収めたいですねー。

投稿: スー | 2008年2月13日 (水) 02時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/10433931

この記事へのトラックバック一覧です: 富士急行線に乗ってきました1 ~大月駅にて~:

» 「フジサン特急」代走の元京王車 [秋南高速特急きっぷうりば]
本日は青春18きっぷの3日目を使って、中央本線の大月駅に行ってきました。 目的は富士急行線の特急「フジサン特急」・・・なのですが、実は現在富士急行線の特急「フジサン特急」が検査の為に営業運転に入っていません。 そのため代走として、昔京王5000系として使われて...... [続きを読む]

受信: 2008年2月12日 (火) 22時40分

« 京王〔高尾山冬そば号〕&小田急〔ハローキティ号〕を撮影してきました | トップページ | 富士急行線に乗ってきました2 ~富士急行線~ »