« MSEに初乗りしてきました1 ~ロマンスBAR in 大手町~ | トップページ | 銚子電鉄を探訪してきました1 ~銚子→仲ノ町~ »

2008年3月19日 (水)

MSEに初乗りしてきました2 ~メトロはこね23号~

北千住で、MSE初乗りの同乗者の一人である快速Northさんと合流。この3人で特急〔メトロはこね23号〕に乗り込みます。

Dscn5539

千代田線ホームでは、既に多くのレールファンで賑わっていました。島式1面ホームなので狭く、通常の利用客は、この混雑ぶりに困惑気味でした。

Dscn5540

千代田線内停車駅は北千住・大手町・霞ヶ関・表参道。短い停車時間での乗車を円滑にするため、各号車ごとの乗車ではなく2両分を1箇所のドアから乗車するようです。我々は5号車なので、プラカードを持った駅員の前に整列。

Dscn5541

綾瀬方より入線してきたMSE60000形の特急〔メトロはこね23号〕。側面のLEDは、地下鉄線内でも視認性の良いフルカラーのものでした。

Dscn5546

車内はほぼ満席。千代田線内途中駅からの乗車もありました。さすがに待避設備の無い地下鉄線内では高速走行は望めませんが、それでも遮音性は高く車内は静かです。

VSE50000形と同じく岡部憲明氏が車両デザインを担当したこともあり、車内の随所にVSEと類似したデザインが見て取れます。天井のデザインもVSEに似てますね。ちなみに床には赤い絨毯が敷いてあります。木目調の化粧板が、とても落ちついた雰囲気を作ってくれます。

Dscn5547

シートのヘッドレスト部分には”MSE”の刺繍が。これもVSEから受け継がれていますね。

Dscn5551

シートピッチは983ミリ。VSEよりは狭いですが気になるほどではありません。ただ、シートのクッションが薄く硬めな印象。背面テーブルは設置しておらず、肘掛に格納してあるタイプ。これなら向かい合わせてもお弁当や飲み物を置くことが可能。折り返し運転時の車内整備時間短縮を狙い、テーブルを出したままでも回転できるようにしたとか。そのため独特なデザインのテーブルに。個人的推測ですが、コストや車両限界の関係で小田急線内ほど車幅が取れないので、シートの厚みを薄くしたり独特なテーブルにせざるえなかったのだろうなと感じました。今回のように2時間を超える乗車時間だと…リラックスできないかもなー。この座席の造りには、ちょっと残念。

Dscn5553

5号車のデッキ付近には、車椅子でも使用可能な大型のトイレを設置。そのため通路がくの字になっています。奥には男子小便用トイレやカーテンが設けられた洗面台。

Dscn5628

車内販売で「MSE手ぬぐい」(500円)を購入。〔メトロさがみ80号〕〔メトロはこね21号〕にのみ乗車記念証が配布されたそうで残念!VSEのときは全列車で配布していたのに…。

本厚木で、代々木上原から先行してた急行電車を追い抜き、ようやく速度が上がり始めたあたりは、ダイヤの組み方を再考する必要がある気がしました。

Dscn5572_2

とにもかくにも、通過駅や停車駅などで人々の視線を受けながら2時間11分の初乗りが終了。光の照り具合で色合いが変わる「フェルメール・ブルー」の地色に「パーミリオン・オレンジ」の帯色を配したMSEは、あちこちで人だかりにあいました。

Dscn5563

MSEサイドロゴ。

Dscn5567

当日から小田急グループではブランドマークを制定し、さっそくMSEにも使用されていました。

Dscn5568

今回乗車したのは第1編成でした。

Dscn5565

10分の停車時間で北千住行き〔メトロはこね24号〕として出発してゆきます。

Dscn5569

新たな運行体系を築いたMSE。この列車の成功如何では、他の鉄道会社でも従来では思いもしなかった運行体系を構築するかもしれません。それほど衝撃的なことを小田急と東京メトロが始めました。今後の動向に注目したいと思います。

今回は乗車することがメインだったのでMSEの撮影はほとんどできていませんが、今回のダイヤ改正で4000形通勤電車の本線運用を開始したりと撮影ネタはあるので、ギャラリーが落ち着いたころに、じっくりと撮影に臨みたいです。

|

« MSEに初乗りしてきました1 ~ロマンスBAR in 大手町~ | トップページ | 銚子電鉄を探訪してきました1 ~銚子→仲ノ町~ »

コメント

あらゆる状況に対応するマルチな車両・・・コンセプトも造りも申し分ないのですが、乗客が直接使うシートに少々無理が生じた感がありましたね。通勤利用にはまだ良くても観光利用ではどうか・・・正直な感想です。
外観はホントにカッコよかったです(^0^)ブルー地にオレンジってデザイナーGJ!って感じでした(^0^)
今回僕は終点まで座りっぱなしだったので、今度乗る時はもう少し車内を楽しみたいなと思います。

投稿: 小金井シン | 2008年3月19日 (水) 22時50分

やはりMSEの外観はかっこいいですね。私もシートの硬さがちょっと気になりました。これが通勤ライナー的利用ならいいかもしれませんが、観光と併用ならもう少し柔らかくした方がいいかも・・。いずれにしても今回の改正の目玉に乗車出来てよかったです。

投稿: 快速North | 2008年3月19日 (水) 23時16分

小金井シンさん>
初乗りに同乗していただきありがとうございました。そして、お疲れ様でした。
やはり自社線内のみを走行するわけではないので、様々な制約が若干のマイナス面な印象を感じてしまったのでしょう。しかし、都心の地下鉄へ座席指定特急を乗り入れを実現させた業界初の試みは非常に評価していますし、大変意義深いものです。僕も次回は売店コーナーを覗いてみたいです。

投稿: スー | 2008年3月20日 (木) 02時35分

快速Northさん>
初乗りに同乗していただきありがとうございました。そして、連日の撮影お疲れ様でした。
どうやら大半の方々はシートの硬さを指摘していたようです。今回のMSEのキャッチコピーは「2つの顔をもつ、青い、ロマンスカー」。平日の顔はロマンスカーで通勤、休日の顔は北千住から箱根へ観光という2面性を併せ持った車両ですが、まずは及第点かなと感じました。快速Northさんは未だMSEを撮影されていないと思うので、落ちついたら一緒に撮影しましょう。

投稿: スー | 2008年3月20日 (木) 02時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/11508346

この記事へのトラックバック一覧です: MSEに初乗りしてきました2 ~メトロはこね23号~:

« MSEに初乗りしてきました1 ~ロマンスBAR in 大手町~ | トップページ | 銚子電鉄を探訪してきました1 ~銚子→仲ノ町~ »