« 銚子電鉄を探訪してきました3 ~本銚子→海鹿島~ | トップページ | 東急、6000系営業運転開始 »

2008年3月26日 (水)

銚子電鉄を探訪してきました4 ~西海鹿島→外川~

一度、海鹿島駅に戻りましたが良く見ると、ホームからほぼ直線に一つ前の西海鹿島駅が肉眼でもハッキリと確認。ならば、そちらに進むことに。

Dscn5698

キャベツ畑の中にポツンとあるのが、西海鹿島。周辺住民の要望により1970年に誕生した、銚子電鉄で一番新しい駅ですが無人駅。

Dscn5701

待合室で、小さな男の子を連れたお婆ちゃんと遭遇。男の子が電車好きで、犬吠まで往復するのだとか。素朴なお手軽電車旅…いいですね♪電車がノンビリした速度で走るためか、時間の経過も緩やかに感じます。

Dscn5703

次に訪れたのは、犬吠。白を基調とし、絵タイルの貼られたポルトガルの宮殿風建築の駅はその美しさが評価され、1997年に「関東の駅百選」に選ばれました。周辺の犬吠埼などの観光拠点として利用されていることもあって、駅舎及び駅前広場は沿線の中で最も大きく広く造られていて、各種イベントの会場としても利用されています。この日も同路線の中で一番人出が多かった気がします。

Dscn5713

駅舎内では、銚子電鉄の各種鉄道グッズ、記念切符、硬券入場券・乗車券、地元名産品などの土産物の他、名物の「銚電のぬれ煎餅」が実演製造・販売され、観光客や鉄道ファンの人気を集めています。深刻な経営難に陥っていたて鉄道会社を救うべく「ぬれ煎餅購入運動」が話題に上ったこともありました。

Dscn5712

1日乗車券である「弧廻手形」には、「ぬれ煎餅」1枚サービスの特典があり、さっそく交換しました。生地を焼いた直後、まだ熱いうちに醤油に漬けることで、しっとりとした歯ざわりと濃厚な醤油味となります。銚子は醤油が名産ということもあり、ここで使われる醤油は銚子に工場を持つ、ヤマサ醤油の「ぬれ煎餅専用醤油だれ」が使われています。

Dscn5729

ここで購入したお土産は「ぬれ煎餅」でなく「サバカレー」。千葉県銚子や九十九里の缶詰工場を舞台にしたテレビドラマ「コーチ」が1996年に放映され、ドラマ内で登場したのものを実際に商品化したのがきっかけ。銚子の港に水揚げされた鯖の大きな一切れがドーンとフタの様に入っています。充分に煮込んでから炒めることで生臭さを無くしているとか。カレールー自体は辛くはありません。

Dscn5714_2

さて、駅前広場には廃車になったデハ501と、元相模鉄道モニ2022(画面右側)の2両の電車の車体を利用したNPO運営の福祉喫茶「電車レストランかふぇ・ど・えがお」があります。以前は銚子電鉄直営レストランだったと思います。ここで遅めの昼食にしましょう。

Dscn5707

車内にテーブルや音響スピーカーに空調設備などを配しています。

Dscn5709

鰯を練りこんだ蕎麦(魚めん)を使用したいなり寿司「かめのまくら」とハーフサイズのカレーとのセットを注文。あっさりとしたお味でおいしゅうございました♪

Dscn5711

この駅で、ゲーム『桃太郎電鉄』シリーズの協賛企画「しあわせ三像」のうち「貧乏がイヌ」像を発見。これで3体全てを確認できました。”桃電”キャラは子供たちに人気で、像を見るなり「ボンビ~っ!!」と叫びながら戯れていました。

Dscn5720

さあて、いよいよ終着駅である外川に向けて出発。

Dscn5721

開業時から建つ木造平屋の小さな駅舎。駅前には銚子電鉄がNHKの朝の連続テレビ小説『澪つくし』のロケ地となったことを今に伝える看板が立っています。この他にも古い駅舎を生かして多くのドラマや映画のロケ地として活用されています。

Dscn5722

駅の先の車止め付近には〔澪つくし〕号で使用されるトロッコ客車ユ101が留置されていました。国鉄ワム80000形貨車を改造した車両で、いつか乗ってみたいものです。

わずか10分程度の滞在時間しかありませんでしたが、その間にホームで電車をバックに愛犬を撮影している方と自然と雑談に華が咲き、住まいが快速Northさんと1丁目しか違わない地元ということを知り、お互いビックリ!こんな一期一会があるんですねー。愛犬(シェパード・♀)を抱っこしたツーショットを撮影していただき、後日、この方のブログに掲載されていましたww

その後、一気に銚子まで乗車し、JR総武本線を乗り継ぎ帰京しました。いろんな発見や様々な出会いもあった今回の汽車旅。素朴なローカル線である銚子電鉄を再び堪能する機会を設けたいものです。

|

« 銚子電鉄を探訪してきました3 ~本銚子→海鹿島~ | トップページ | 東急、6000系営業運転開始 »

コメント

西海鹿島は本当に田舎〜!と叫んでしまう程ひっそりしてますね。それとは反対に犬吠は名所の犬吠埼灯台が近いので観光客が多かったですね。また、外川で出会った犬連れのカップルがまさか私の地元の近所とは・・。
今回の旅は私にとっては満足するものでした。誘ってくれたスーさんに感謝です。ありがとうございました。

投稿: 快速North | 2008年3月27日 (木) 08時14分

スーさん、外川駅ではとてもいい時間を過ごせました。ありがとうございます。
あの抱っこがスーさんのトラウマになっていたんじゃないかと危惧していましたが、そうじゃないと分かり安堵しました(笑)。
またご訪問させていただきます!

投稿: シェパード♀の飼い主 | 2008年3月27日 (木) 14時05分

快速Northさん>
まさに”灯台下暗し”…何が起こるかわからないのが、また楽し♪いい時間を過ごせて何よりです。

投稿: スー | 2008年3月28日 (金) 18時25分

シェパード♀の飼い主さん>
こちらこそ外川駅で、サラさんと抱っこさせてもらえて、いい記念になりました♪あんなすっとんきょな画像がアップされるなんて…かなり画的に問題ありませんかwwこちらこそ、今後も定期的に訪問させていただきます。ありがとうございました。

投稿: スー | 2008年3月28日 (金) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/11784034

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子電鉄を探訪してきました4 ~西海鹿島→外川~:

« 銚子電鉄を探訪してきました3 ~本銚子→海鹿島~ | トップページ | 東急、6000系営業運転開始 »