« MSEに初乗りしてきました2 ~メトロはこね23号~ | トップページ | 東武、「TJライナー」愛称決定イベントに参加してきました »

2008年3月23日 (日)

銚子電鉄を探訪してきました1 ~銚子→仲ノ町~

桜の開花はそろそろかと話題があがる22日に、快速Northさんと共に銚子電鉄を乗り鉄してきました。僕は久しぶりの訪問、快速Northさんにとっては、かねてから訪れたかった路線だけに、かなり楽しみなようでした♪

Dscn5637

銚子へは成田線経由で運転される臨時快速〔すいごう〕号に新宿より乗車。快速といえども、485系改造の波動用電車”ニューなのはな”が充当されており、乗り得感のある列車です。ほぼ満席の状態で走破。佐原と銚子で大半が下車して行きました。

Dscn5631

今回はボックスタイプの座席としての運用ということで、普通車扱いですが、座席を90度回転させる事でお座敷車両にもなります。その場合はグリーン車扱い。

Dscn5633

旅行客やレールファンとおぼしき人たちは、JR総武本線2番・3番ホームの先にある小さな銚子電鉄ホームへと流れて行きます。この日は行楽日和!とはいえ、海寄りの街とあってか風が強かった!

Dscn5636

2番ホームには総武本線経由の千葉行きが停車中。スカ色113系及び111系はまだまだ房総地区では主力です。

Dscn5639

一旦、改札口を出て銚子駅舎を撮影。駅舎は旧海軍の飛行機格納庫を転用し、駅に改築したそうで、その名残で天井が高い構造となっています。

Dscn5654

再び、改札口を通りオランダ風風車をモチーフにした銚子電鉄ホームへ。肝心の風車の羽根は破損後補修されず、取り払われたまま。

Dscn5640

やってきた銚子電鉄の車両は、デハ1000形。1001号車は2007年4月26日から3年間の予定で、TVゲーム『桃太郎電鉄』シリーズ20周年記念のラッピング車両として運転されています。出発前に車内で1日乗車券である「弧廻手形」(620円)を車掌さんより購入。車内はかなり混雑していました。

Dscn5724

デハ1000形は、元は営団地下鉄銀座線で活躍した2000形。息の長い車両です。

Dscn5660

車内は『桃太郎電鉄』のポスターでビッシリ!思わず乗客のほとんどが車内中を見渡します。

Dscn5659

ポスターだけではありません。ロングシートもこの通り!

Dscn5642

ラッピング電車に揺られたのも束の間、一つ目の仲ノ町駅でさっそく途中下車。駅舎は銚子遊覧鉄道時代から建つ木造平屋建てで、銚子電気鉄道の本社も同居しています。

Dscn5644

駅名票の下には小さな池。そこには金魚が泳いでいました。

Dscn5643

駅に隣接する形で車庫が設けられており、入場券(150円)を購入することで、構内への立ち入りが許可されます。ちなみに、駅および車庫は、ヤマサ醤油の工場に取り囲まれるように位置しているので、醤油独特の香りが漂います♪

Dscn5647

さっそく入場券を購入し、車庫に潜入させてもらいました。元近江鉄道モハ51形から譲渡されたデハ700形がいました。前後で窓配置が異なり、銚子方は2枚窓・外川方は3枚窓となっています。702号車は主に多客時の増結用として運用につくそうで、2007年11月の全般検査出場時に車体塗色が1960年代に使用されていた水色と空色のツートンに変更されました。

Dscn5648

凸型のユニークな形をした銚子電鉄のマスコット的な存在の電気機関車、デキ3。狭軌の電気機関車としては現存最小で、その昔には同駅から延びていた専用線にて、ヤマサ醤油の工場へ原料塩などの材料を運んでいたそうです。本線運用に就く事はありませんが、有志らの手厚い保護により動態保存されている名機です。

Dscn5651

1995年6月24日に笠上黒生駅付近で発生した衝突事故で破損した経歴を持つデハ700形701号車が留置されていました。

Dscn5652

漫画『鉄子の旅』の原作者である、菊池直恵氏考案の特別塗装に変更されたデハ1000形1002号車。

Dscn5649

デキ3の後ろには、事業用車として活躍するデハ300形301号車。

Dscn5646

仲ノ町駅ホームの端には、TVゲーム『桃太郎電鉄』シリーズの協賛企画として誕生した「しあわせ三像」のうち「貧乏が去る」像があります。

一通りの撮影を終え、先に進むことにしましょう。

|

« MSEに初乗りしてきました2 ~メトロはこね23号~ | トップページ | 東武、「TJライナー」愛称決定イベントに参加してきました »

コメント

ようやく念願がかないました。ちょっとしたトラブルがありましたが楽しい旅でした。銚子電鉄に完乗でき更に仲ノ町ではレトロな車両がcamera出来たのも大きな収穫でした。お誘いありがとうございました。

投稿: 快速North | 2008年3月23日 (日) 19時39分

銚子電鉄の車両と言えば赤いイメージがあったので、最初のラッピング車の画像だけ見た時は「何だこりゃ!?」と思ってしまいました。ラッピング車から特別塗装車まで随分カラフルになったなぁ・・・。天気も晴れて良かったですね。ラッピング車が走っているうちに僕もまた一度訪れたいです。できればこんな晴れた日に(^0^)

投稿: 小金井シン | 2008年3月24日 (月) 22時38分

快速Northさん>
お疲れ様でした。初の銚子電鉄乗車は、まずまず楽しめて良かったですね♪ここの路線は未だ経営難から脱却できずにいるので先行きの不安感は拭えません。せめて我々レールファンとして、可能な限り再訪したいですね。

投稿: スー | 2008年3月24日 (月) 23時54分

小金井シンさん>
塗装やラッピングなどの変更があるだけでイメージが変わるものですね。僕も今度こそは犬吠埼灯台に行きたいですww

投稿: スー | 2008年3月24日 (月) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/11668160

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子電鉄を探訪してきました1 ~銚子→仲ノ町~:

« MSEに初乗りしてきました2 ~メトロはこね23号~ | トップページ | 東武、「TJライナー」愛称決定イベントに参加してきました »