« 小田急、「ゆめの列車」&LSE旧塗装車、運転終了 | トップページ | 西武、「ケロロ軍曹スタンプラリー」ヘッドマーク車 »

2008年4月 4日 (金)

日暮里・舎人ライナーに乗ってきました

先月30日に開業した「日暮里・舎人ライナー」。それからちょうど一週間後にようやく乗りつぶしの機会が巡ってきました。

Dscn5920

JR線と京成線と接する日暮里駅が起点。

Dscn5923

「修悦体」という、ガムテープを使った案内表示が、駅構内の日暮里・舎人ライナーのりば案内にも使われていました。「修悦体」とは、数年前の新宿駅改良工事の際に話題となったもので、考案者で当駅の警備担当者でもある佐藤修悦の名前を取って呼ばれています。

Dscn5922

駅前には開業を祝う「修悦体」もw。

日暮里~見沼代親水公園9.7kmを案内軌条式という新交通システムで結ぶ、東京都交通局の路線。ほぼ、都道の尾久橋通り上を高架で走行します。

Dscn5890

お台場を走る「ゆりかもめ」と同様の構造となっており、ホームもそれに準じています。

Dscn5892

ところで列車撮影ですが、全線高架でホームはガラス張りということもあり、かなり制約を受けます。さらに箱型ホームの前後には駅名表示のビニールが貼付されていて、下部も柵が邪魔をしているので、かろうじて撮影できそうなのは足立小台くらいかもしれません。

Dscn5903

その僅かな隙間から懇親の撮影!この日に運行していた編成には、全て開業記念のステッカーが貼られていました。車両は300形といい、ゆりかもめ7000系に準じています。

開業から1週間経ちましたが、それでも注目度は高くカメラを手にした中高年の姿もありました。乗客のほとんどは終点まで通し乗車で、ほとんどの駅での乗降が少なく、マッタリとしていました。

Dscn5909

途中、舎人公園で途中下車。駅前には都立の総合公園である「舎人公園」。花々が彩りを与えてくれます。

Dscn5911

舎人公園敷地地下に、日暮里・舎人ライナーの車両基地があります。上下線に挟まれた中線が地下に向かって下がっています。高架下の尾久橋通りは、いまだ工事中。

Dscn5912

そのまま一駅分歩き、舎人から再び乗り込みました。今回は1日乗車券を利用しているのでラクです。

Dscn5916

そして、終点の見沼代親水公園に到着。駅前はロータリーが整備されていて東武・国際興業・都営バスが発着します。1日乗車券では都営バスにも乗れるので、同区間の片道を都営バスに乗ることで変化をつけるのもいいかも。

Dscn5918

鉄路は数メートル先で途切れています。先は埼玉県草加方面。いずれ延伸することがあるのでしょうか。ちなみに、同駅は、東京23区内最北端の駅となりました(以前は東武伊勢崎線竹ノ塚)。

都区内の他地域と比べて公共交通の便がよくなかった足立区西部に、新たな鉄道を結んだ日暮里・舎人ライナー。我々レールファンはもとより、地元沿線住民の方々にとって、密着した生活路線になってほしいものです。

|

« 小田急、「ゆめの列車」&LSE旧塗装車、運転終了 | トップページ | 西武、「ケロロ軍曹スタンプラリー」ヘッドマーク車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/12276542

この記事へのトラックバック一覧です: 日暮里・舎人ライナーに乗ってきました:

« 小田急、「ゆめの列車」&LSE旧塗装車、運転終了 | トップページ | 西武、「ケロロ軍曹スタンプラリー」ヘッドマーク車 »