« 東武、「三社祭」ヘッドマーク車運転 | トップページ | ”彩(いろどり)”に乗って小海線に行って来ました ~新宿→小淵沢~ »

2008年5月20日 (火)

北総鉄道に乗ってきました

このあと、京成高砂に移動。未乗である北総鉄道を乗りつぶしに向かいました。

Dscn6562

第3セクター路線である北総鉄道は、とかく運賃が高いということもあり、なかなか完乗の機会がなかったのですが、3月21日から期間限定で「さわやかきっぷ」という1日乗車券(1000円)を発売してくれたことで、一気に前向きになれました。訪れた当日が発売最終日でした。

Dscn6522

土休日は線内は普通列車しかありません。京成高砂で1日乗車券を購入後、一気に新鎌ヶ谷まで。新京成線と東武野田線の接続駅だけに、同路線で一番の賑わい。とはいえ、1時間3本ダイヤでは、列車が入線する間際まではホームは閑散…。

Dscn6520

ここで羽田空港行き都営線車両を撮影。ホームは2面4線ですが、待避線は線路が剥されている状態。

Dscn6525

後続列車で小室に移動。京成高砂~小室までは北総線で、ここから先は千葉ニュータウン線なのですが、営業上は北総線で通しています。

Dscn6526

小室駅に入線する千葉ニュータウン車両の9000形を撮影。

Dscn6569

同路線は、全線複線で踏切はなく、常に100キロ超えのスピードで駆け抜けます。

Dscn6534

「関東の駅百選」に選定されている印西牧の原に降りてみました。

Dscn6538

アーチ型の屋根が特長的です。

Dscn6536

駅名の如く、周辺は原っぱだったといいます。ニュータウン地区ということもあり、トンガリ屋根の集合住宅が駅前に建っていました。

Dscn6530

北総線と並行する国道464号線との間に広がる空き地は、成田新幹線用に確保されていたもの。

Dscn6543

印西牧の原止めの運用があり、中線に入線します。中線の印旛日本医大寄りには、印旛車両基地があります。

Dscn6547

後続列車で、終点の印旛日本医大に到着。北総鉄道を完乗できました。

Dscn6549

この駅には「松虫姫」という副駅名がついています。

Dscn6551

コンコースにはドーム型の屋根が、空間を広く感じさせます。

Dscn6555

煉瓦造りのような壁面に、どこか欧風な雰囲気を醸し出しています。

Dscn6561

改札口付近にも吹き抜け構造のガラス屋根が。採光具合はいい感じです。

Dscn6559

その独特な外観から「関東の駅百選」に選定されており、実は展望台も併設されていますが、現在は一般公開していないそうです。ここのニュータウン地区なので、駅前に集合住宅が建っています。

Dscn6560

同駅より先は2010年開業を目指し、成田空港を結ぶ成田新高速鉄道工事がされていました。

Dscn6563

京成からのリース車である7250形で印旛日本医大を後にしました。

今回は、1日乗車券のおかげで完乗を果たすことができました。同路線は、成田空港へのアクセスルートとして変貌を遂げつつあり、主要駅では、それに伴った改良工事が行われています。成田新高速鉄道が開業したら、再訪する機会が楽しみになりますね。

|

« 東武、「三社祭」ヘッドマーク車運転 | トップページ | ”彩(いろどり)”に乗って小海線に行って来ました ~新宿→小淵沢~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/21053262

この記事へのトラックバック一覧です: 北総鉄道に乗ってきました:

« 東武、「三社祭」ヘッドマーク車運転 | トップページ | ”彩(いろどり)”に乗って小海線に行って来ました ~新宿→小淵沢~ »