« わたらせ渓谷鉄道に乗ってきました ~相老→大間々~ | トップページ | わたらせ渓谷鉄道に乗ってきました ~水沼→間藤~ »

2008年5月19日 (月)

わたらせ渓谷鉄道に乗ってきました ~大間々→水沼~

大間々から乗車すると、先ほどとは変わって結構な乗車率。運よくボックス席は確保できましたが、乗客の殆どは、リュックを背負っていたりとハイカーのようです。

Dscn6409

小さなテーブル面に「ワタラセ アート プロジェクト 2008」と明記され、さまざまイラストが描かれていました。

Dscn6412

次は水沼駅で下車。

Dscn6413

ここは、温泉施設が併設されている駅。レールファンならご存知の方も多いと思います。まずは、サッパリと汗を流します♪

Dscn6420

水沼駅は無人駅。湯上り後に周辺を歩いてみることに。

Dscn6417

今回、わたらせ渓谷鉄道を乗りつぶししたくなったきっかけとなったのが、鯉のぼりの群れ!

Dscn6445

水沼温泉センターが主催する約80匹の鯉のぼりが、渡良瀬川にワイヤーを渡し、その上空をゆったりと泳ぐ姿は圧巻でした。

Dscn6443 

駅のそばを走る国道122号線から眺めてみました。春の花である菖蒲が偶然咲いていて、いいアクセントとなりました。

Dscn6444

かつて、黒保根村の中心だったこともあり、無人駅ながらも周辺は意外と賑やか。

Dscn6430

駅に戻り、水沼に到着する「トロッコわたらせ渓谷号」を狙いました。車内はほぼ満席で盛況のようでした。

Dscn6432

とってもカラフルなデザインのヘッドマーク。

Dscn6435

水沼を発車した「トロッコわたらせ渓谷号」。かなり車両はくたびれていたのが気がかりでした…。

Dscn6446

そろそろ水沼ともお別れです。僕の乗車予定の列車と離合する上り列車が先着。「くろび」という愛称のついた200形。

Dscn6448

同鉄道の通勤形車両の側面には、1両ごとに様々な動物の銘板が付いています。

Dscn6449

さて、列車がやってきましたので、先に進みましょう。

|

« わたらせ渓谷鉄道に乗ってきました ~相老→大間々~ | トップページ | わたらせ渓谷鉄道に乗ってきました ~水沼→間藤~ »

コメント

水沼の温泉は僕も入りましたが、何気にノンビリできて良かったです。眺めも良いし、割とおススメな所ですね(^0^)
鯉のぼり、良いですね~(^0^)季節感あっていいな、と思うと同時に、こんなにたくさん飾るの大変だろうな、と思ってしまったのは僕だけでしょうか?(^0^)

投稿: 小金井シン | 2008年5月25日 (日) 15時48分

小金井シンさん>
僕としては、もう少し露天風呂からの眺望がよかったら…という印象でしたね。鯉のぼりは、願わくば同路線と絡めて撮影したかったのですが、構図的に難しかったのが残念でした。

投稿: 試運転スー | 2008年5月26日 (月) 22時29分

こんにちは!
ワタラセアートプロジェクト代表の上原と申します。
ワタラセアートプロジェクトは
わたらせ渓谷鐡道沿線で2008年8月に行われる
東京の美大生のアートプロジェクトです。
テーブルの絵は、その告知も兼ねて貼らせて頂いているものです♪
足尾駅に放置されたキハ30,35型の廃車輌を宿泊施設とする作品を作ったり
鐡道内での舞踏のパフォーマンスなどもする予定なので
興味がありましたら是非夏にもいらしてくださいね!

投稿: ワタラセアートプロジェクト代表 | 2008年6月10日 (火) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/21043052

この記事へのトラックバック一覧です: わたらせ渓谷鉄道に乗ってきました ~大間々→水沼~:

« わたらせ渓谷鉄道に乗ってきました ~相老→大間々~ | トップページ | わたらせ渓谷鉄道に乗ってきました ~水沼→間藤~ »