« 土・日きっぷで北越急行・大糸線めぐり ~東京→くびき~ | トップページ | 土・日きっぷで北越急行・大糸線めぐり ~六日町→美佐島~ »

2009年2月25日 (水)

土・日きっぷで北越急行・大糸線めぐり ~くびき→六日町~

Img_2281

ほくほく線普通列車で再び六日町まで戻りました。車内は地元客らしき高齢者の小グループが乗っていた程度。もっぱら話題は北陸新幹線開業後ほくほく線についてでした。ホームに降り立つと横殴りの冷たい雪が頬を刺します。

Img_2283

スカートを雪で纏った115系がやってきました。《JR上越線六日町 1/640 Av4.0 露出補正-2/3 ISO400》

Img_2287

駅西口側には北越急行本社の建物が見えます。

Img_2288

六日町を出発し長岡を目指す115系。《JR上越線六日町付近 1/1250 Av5.5 露出補正0 ISO125》

Img_2290

この駅で到着を待っていたのは新潟からやってきた快速「十日町雪まつり号」。同じくホーム先端で待ち構えていたレールファンも数人。やってきた車両は、あのT18編成でした!前頭部の幕表示が「臨時」なのが残念…。《JR上越線六日町付近 1/1250 Av5.5 露出補正0 ISO160》

Img_2295

T18編成は新潟車両センター所属の485系。昨年5月から国鉄色に戻りました。新潟方の先頭車が、かつて北海道地区の特急「いしかり」号で活躍した1500番台で、しかもこの編成はJRマークが側面に入っていないのも特徴的です。当駅で小休止後、進行方向を変え、ほくほく線に進入して行きました。《JR上越線六日町 1/400 Av4.0 露出補正0 ISO80》

ここで、この列車に乗ってきた通称山さんと合流。彼は臨時列車に乗り鉄するのが好きらしく、今回もわざわざ新潟からここまで乗ってきたそうです。「まさかT18とは」と、いささか興奮気味のご様子。

Img_2313

改札口を出ると、コンコースには屏風絵が。ここも「天地人」化していました。

Img_2286

メイン出口は東口。1階構内には観光協会のほか、「棟方志功アートステーション」なる美術館を併設しています。この向かいには「愛天地人博」という記念館まで出来ていたので、寒さ凌ぎに館内で過ごしました。

Img_2297

時折、強く降る雪の中ですが、せっかくのシチュエーションなので雪の降る中を疾走する列車撮影を敢行。まずは、雪煙を上げる北越急行HK100形。《JR上越線塩沢~六日町 1/1000 Av4.5 露出補正0 ISO80》

Img_2299

北越急行683系”スノーラビットエクスプレス”。《JR上越線塩沢~六日町 1/800 Av6.3 露出補正0 ISO80》

Img_2306

JR西日本681系”ホワイトウイング”。《JR上越線塩沢~六日町 1/1000 Av5.5 露出補正0 ISO125》

Img_2311

大宮からやってきたJR東日本大宮車の183系特急「ほくほく十日町雪祭り」号。こちらも幕は「特急」のみで残念でした。確か去年はヘッドマークがあったような…。《JR上越線塩沢~六日町 1/800 Av5.5 露出補正0 ISO125》

半ば雪だるま状態になりながらも撮影を敢行。撮影現場には他にも2名いたから、好きなことにはコンディションは無問題なのかもww

さて、ここからは2人でほくほく線に乗ります。

|

« 土・日きっぷで北越急行・大糸線めぐり ~東京→くびき~ | トップページ | 土・日きっぷで北越急行・大糸線めぐり ~六日町→美佐島~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/28345951

この記事へのトラックバック一覧です: 土・日きっぷで北越急行・大糸線めぐり ~くびき→六日町~:

« 土・日きっぷで北越急行・大糸線めぐり ~東京→くびき~ | トップページ | 土・日きっぷで北越急行・大糸線めぐり ~六日町→美佐島~ »