« 鉄道博物館に行ってきました ~全国に広がる鉄道網~ | トップページ | 鉄道博物館に行ってきました ~大量輸送と電化時代~ »

2009年3月24日 (火)

鉄道博物館に行ってきました ~特急列車の誕生と通勤輸送の始まり~

Img_3112

C51形蒸気機関車:日本国有鉄道の前身である鉄道院が1919年に開発した、幹線旅客列車用の大型(のちには中型)テンダー式蒸気機関車。当初18900形と称したが、1928年5月にC51形と改名されました。1750ミリ動輪を採用した国産初の本格的な高速蒸気機関車でもあります。

Img_2948

C57形蒸気機関車:特急・急行列車の牽引に活躍した旅客用テンダー式蒸気機関車。ほっそりとしたスマートで綺麗な車体であることから”貴婦人(きふじん)”という愛称を持っています。また”シゴナナ”とも呼ばれますね。D51形に並ぶ日本を代表する蒸気機関車です。

Img_2953

マイテ39形展望客車:東海道本線の特急用一等展望客車。桃山様式の荘厳な内装を施しています。

Img_2961

クモハ40形式電車:1932年から1942年にかけて日本国有鉄道の前身である鉄道省が製造した、車体長20m級3扉ロングシートの通勤電車。鉄道省の電動車としては初めて全長20m級の鋼製車体を採用した電車です。

Img_2968

当時の通勤通学の光景を、クモハ40形の車内で再現。

|

« 鉄道博物館に行ってきました ~全国に広がる鉄道網~ | トップページ | 鉄道博物館に行ってきました ~大量輸送と電化時代~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/28763145

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館に行ってきました ~特急列車の誕生と通勤輸送の始まり~:

« 鉄道博物館に行ってきました ~全国に広がる鉄道網~ | トップページ | 鉄道博物館に行ってきました ~大量輸送と電化時代~ »