« 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~高岡/高岡駅前→中伏木→伏木~ | トップページ | 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~氷見→高岡→富山/富山駅前/電鉄富山/富山駅北~ »

2009年7月23日 (木)

北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~伏木→雨晴→氷見~

Img_6203

Img_6216_2 

下車したのは雨晴駅。

Img_6213

Img_6214

駅名にもなっている「雨晴(あまはらし)」とは、京都から東北へ逃亡する源義経と弁慶が、この近くの岩陰(義経岩)にて雨が晴れるのを待っていたことに由来します。義経岩はJR氷見線の線路脇にあります。

Img_6215

雨晴の海岸は能登半島国定公園に指定され、さらには「日本渚百選」にも選定され、それはマンホールにも描かれるほど。

Img_6206

そんな氷見線きっての景勝地である日本海と女岩をバックに走る列車を撮影してみました。まずは、ご当地出身の漫画家である藤子不二雄氏にちなんだ”忍者ハットリくん列車”。《JR氷見線越中国分~雨晴 1/400 Av3.2 露出補正+1/3 ISO200》

Img_6212

続いて”高岡色”のキハ48形。この日一番の横殴りの雨の状況での撮影でしたww晴れていれば、さぞかし素敵な景観だったろうに。《JR氷見線越中国分~雨晴 1/640 Av3.2 露出補正0 ISO400》

Img_6223

駅に戻り次の列車を待っていると、先ほどの”ハットリくん列車”が戻ってきました。

Img_6225

Img_6234

車体の至るところに「忍者ハットリくん」キャラクターが描かれています。中にはお魚まで。これは鰤かな??ちなみに車内放送もハットリくんの声だそうです。

Img_6232

雨晴から氷見線の終着駅、氷見へ。

Img_6231

待合室にも「忍者ハットリくん」キャラクター人形などが展示していました。

氷見線完乗を果たし、高岡に戻ります。

|

« 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~高岡/高岡駅前→中伏木→伏木~ | トップページ | 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~氷見→高岡→富山/富山駅前/電鉄富山/富山駅北~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/30667818

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~伏木→雨晴→氷見~:

« 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~高岡/高岡駅前→中伏木→伏木~ | トップページ | 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~氷見→高岡→富山/富山駅前/電鉄富山/富山駅北~ »