« 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~岩瀬浜→新港東口/堀岡→越ノ潟→庄川口→高岡駅前/高岡→城端→高岡→金沢~ | トップページ | 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~能登中島→穴水→和倉温泉→加賀温泉~ »

2009年7月24日 (金)

北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~金沢→能登中島~

Img_6421

翌朝、各自でチェックアウト。私も8時半過ぎに2005年に完成した金沢駅新駅舎へ。以前訪れたときは建設中だったのですが、こんな風になったとは!東口正面に巨大な総ガラス製ドーム「もてなしドーム」と木製の「鼓門」が構えています。かなり圧倒される大きさです。

Img_6423

Img_6424

鼓門と交差点の間には噴水で表現する水時計のデジタル表示。

Ca390047

駅構内の立ち食いそばで朝食。金沢ではポピュラーな白エビのかき揚げそば。

Img_6426

ちょい早めに宿を出たのは、9:12発特急「雷鳥16号」を撮影するため。485系で運転される「雷鳥」は2011年に681系列で運転されている特急「サンダーバード」に統合されることが決まっており、早いうちに記録を残しておきたかったのです。さらに、「雷鳥16号」の大阪方にはパノラマグリーン車を連結。「スーパー雷鳥」時代に登場したクロ481形2000番台です。

Img_6431

金沢方は貫通扉を埋め込んだ改造型の顔となっていました。これって好きじゃないんだよなー。

Img_6445

”食パン”と呼ばれる、国鉄時代に特急形車両583系を郊外形車両に改造した419系。これも年代ものですが、現役で頑張っていました!

Img_6448

全員合流し、本日は能登半島側に乗り鉄することに。七尾線の発着するホームの床面には、今は無き急行「能登路」の乗車位置を示す後が。

Img_6451

2日目の今日も天気には恵まれず…七尾に着くころは雨だけではなく強風のオマケ付き(怒)

Img_6450

コンコースには花火の玉が展示していました。七尾は花火の里なのでしょうか。

Img_6706

みどりの窓口で販売している、のと鉄道の1日乗車券。この名称は方言で”つこうて(使って)ください””こうて(買って)ください”という意味。

Img_6699

観光案内所では、のと鉄道グッズも取り扱っています。先ほど訪れた能登中島駅名標のキーホルダーをお土産に購入。

Img_6456

七尾からは第三セクターの、のと鉄道に乗り換えます。

Img_6455

雨風がひどいので、のと鉄道車内から七尾線車両の415系800番台を撮影。七尾線は北陸地区では珍しい直流電化路線。先頭車は青色の車体カラーに対し、中間車のみピンク系となっています。

Img_6449

415系800番台は急行「能登路」にも運用されることがあったため、クロスシートをバケットタイプに変更、シートピッチも1700mmに拡大しています。

Img_6478

全ての席が埋まった(おそらく大半は地元客)単行列車でやってきたのは能登中島。

Img_6481

平日のみ駅員が配置されるので、訪れたこの日は無人駅。

Img_6482

完全無人と思いきや、意外な住人が屋根の内側にいましたぁ♪

Img_6460

Img_6461

雨が弱まるのを待ちつつ、待合室で先ほどの七尾で購入した駅弁「玉宝」を食すことに。薄焼卵で巻いた太巻スタイルの寿司が5個入ったお弁当で、 芯にかんぴょうと卵焼、海苔、でんぶが詰められた珍しい寿司駅弁です。何と言っても、外側が海苔でなく卵で巻かれているのが珍しいのですが、この薄焼卵は内側に焦げめがあり、これがとても香ばしくて卵の甘みも引き立ちます。芯に入っている卵焼も絶品ですがどこか懐かしく、素朴な味わいがとてもいいですね♪意外とボリュームがあり、腹にたまります。

Img_6458

構内の側線(旧3番線ホーム)には、2車種の静態保存車両があり、それを見に行きたくてやってきました。雨足が弱まった頃を見計らって、そばに行ってみます。

Img_6462

【国鉄オユ10形郵便車】昭和32年~46年の14年間に亘って、合計72両が製造された代表する郵便客車です。北海道から九州までの全国各地を、郵便物を車内で仕訳しながら活躍していた車両。鉄道郵便が廃止になった昭和61年を最後に全車が引退し、現在では国内にこの1両を含め2両のみ保存されています。とはいえ貴重な車両の割には雨晒しな扱いって…。

Img_6468

【のと鉄道NT800形気動車】1988年のと鉄道誕生時に、急行「のと恋路号」として製造されたパノラマ気動車。たまに鉄道イベント時に車内開放をするそうですが、こちらも雨晒しのため痛みや汚れが酷いですねぇ…。見ていて痛々しいです(泣)

Img_6489

反対側の側線にはラッセル車マルチプルタイタンパーが留置していました。

Img_6467_2

上りホームの待合室壁面には、このような壁画が描かれていました。昔のこの地域の風景でしょうか。

Img_6475

静態保存車両の横を現役車両がやってきました。

Img_6491

七尾方面からも列車がやってきました。先に進むことにしましょう。《のと鉄道能登中島付近 1/160 Av4.5 露出補正-1/3 ISO200》

|

« 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~岩瀬浜→新港東口/堀岡→越ノ潟→庄川口→高岡駅前/高岡→城端→高岡→金沢~ | トップページ | 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~能登中島→穴水→和倉温泉→加賀温泉~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/30677292

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~金沢→能登中島~:

« 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~岩瀬浜→新港東口/堀岡→越ノ潟→庄川口→高岡駅前/高岡→城端→高岡→金沢~ | トップページ | 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~能登中島→穴水→和倉温泉→加賀温泉~ »