« 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~加賀温泉→金沢~ | トップページ | 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~加賀一の宮→新西金沢/西金沢→金沢/北鉄金沢→内灘→北鉄金沢/金沢→帰京~ »

2009年7月27日 (月)

北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~金沢/金沢駅東口→野町→鶴来→加賀一の宮~

加賀温泉から683系特急「しらさぎ3号」で金沢に戻りました。当初は約1時間程度の滞在時間があったのですが、駅構内にあるコインロッカーが軒並み満員で大わらわ!やむなくJRの一時預かり所のお世話になることに。まあ、コインロッカー代とさして変らない預かり料だったからいいようなものの…JR西日本さん、金沢駅のコインロッカーをもっと充実させてください!

金沢駅東口バス停から「シティライナー」という路線バスに乗り、北陸鉄道石川線野町に移動。約20分の乗車ですが、途中、市内髄一の繁華街である香林坊を経由するため、そこまでの車内は、かなりの混雑でした。

Img_6607

市の中心部から少し外れた辺りに位置する野町。他社線との接続もなく、金沢駅や兼六園、香林坊などへはバスでの移動が主となります。今でこそ起点駅ですが、1972年までは一つ先の白菊町まで伸びていました。

Img_6704

窓口で1日乗車券を購入。”金沢といえば金沢箔”と云われるほど金箔が有名ですが、その金沢箔を使用して作られたフリー乗車券です。デザインは4種類あり、私は「鉄道車両」が印刷されているタイプをセレクト。これを使って北陸鉄道線の完乗を目指します。まずは野町~加賀一の宮を結ぶ石川線から。

Img_6609

やってきた列車の車内。元東急7000系を譲り受けた7000系です。ワンマン対応で精算機などが設置されている以外は、シートなどは東急時代と変らない様子。なお、3扉車ですが車両中央の扉は締め切り状態。

Img_6616 

途中の鶴来で下車します。元京王3000系の7700系上り列車と列車交換。

Img_6622

1915年開業時の歴史深き年輪を重ねた駅舎。

Img_6632

待合室付近のショーケースには、過去に使用されていた鉄道部品の数々を展示。

Img_6630

鶴来は車両基地も併設されています。旅客線脇の引込み線には、かつて石川線などで活躍したモハ3750形が現在も留置されています。

Img_6625

ED30形電気機関車の姿がありました。1976年貨物輸送廃止後は、主に除雪用に使用されているようです。

Img_6633

今回、北陸鉄道乗車をプランに盛り込んだのには理由があります。実は、鶴来から先の加賀一の宮2.1kmが11月1日で廃止になるというのです。かつての北陸鉄道は石川県内に現有路線を含めて15もの鉄道路線を敷いていましたが、現在では僅か石川線と浅野川線の2路線のみで、経営の主力となっているのは路線バスや高速バスといったバス事業に代わっています。その路線でさえも部分廃止を繰り返している状況ということで、この機会に足跡を残そうと思い立ったのです。鶴来からも能美線というのが新寺井までを結んでいましたが、1980年に廃止されており、その名残を見ることが可能です。今回は滞在時間の都合で徘徊できませんでしたが、機会があれば探訪したいものです。

Img_6634

そういった事情もあってか、鶴来はレールファンの姿を多く見ました。ほとんどが中高年の方々というのは、この路線の歴史の長さを物語っているのでしょうか。野町からやってきた元東急7000系の中間車を先頭車化改造した7200形で加賀一の宮を目指します。「加賀一の宮行き」表示を見られるのもあと数ヶ月です。

Img_6641

風格ある木造駅舎の加賀一の宮。石川線の終点です。

Img_6639

Img_6640

かつては神社参拝客で賑わいをみせていたそうですが、現在は無人駅。

Img_6638

思ったよりも緑深い場所に駅があるんですね。

Img_6637

1987年まで、ここから白山下まで金名線が伸びており、ホームも2面2線でした。現在はすっかり草生してしまっています。

Img_6644

駅舎の窓には、こうした存続活動をアピールするチラシが貼られていました。率直な感想を述べるならば、今回廃止となる中鶴来と加賀一の宮の両駅は既に無人駅であること、加賀一の宮まで運行する石川線の運転本数が全体の半数以下であること、なにより公式発表によると1列車あたりの輸送人員が5人程度では、もはや鉄道輸送としての役割は失っているかもしれません。ただ、今年末からの神社参拝客や、電車に自転車を持ち込める「サイクルトレイン」サービスを利用して市中心部に出ている人(この日も数台の利用客がいました)などにとっては、今後不便を強いられるのでしょう。地元の足が奪われてしまうのは残念なことです。

そんな様々な思いを抱きながら加賀一の宮を後にしました。

|

« 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~加賀温泉→金沢~ | トップページ | 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~加賀一の宮→新西金沢/西金沢→金沢/北鉄金沢→内灘→北鉄金沢/金沢→帰京~ »

コメント

おはようございますsun
お馴染みの電車が並んでいますねぇheart04
スカートは見慣れませんが、逆に新鮮ですup

投稿: そうくん | 2009年7月29日 (水) 08時50分

そうくん>
コメントありがとうございます。
スカートのデザインは、いかにも降雪地らしいものに替わっていました。東急の旧型電車は、地方私鉄では現在も主力として頑張っています。嬉しいことですね♪

投稿: 試運転スー | 2009年7月29日 (水) 16時08分

加賀一の宮駅には初めて訪れましたが、緑の中に佇むホーム、風格ある木造の駅舎とモロに好みの駅だったんで廃止は正直残念です。今回全線乗り通して鶴来から先の利用者が目に見えて減少(レールファンらしき人は除いて)したのを見ると止む無しなのかな、とかなんとか複雑な想いはありました。

7200形の顔は最初見た時正直違和感ありましたけど、こうして画像で見ると愛嬌のある顔だと思います(^0^)オレンジのラインがウルトラマンみたい(^0^)

投稿: 小金井シン | 2009年8月 5日 (水) 00時46分

小金井シンさん>
コメントありがとうございます。

以前、小金井さんと訪れた某ローカル私鉄(後に廃線)もそうでしたが、運転区間の乗り心地が極端に悪かった覚えがあり、今回のと共通しています。線路基盤の保全面を含めたメンテナンスが行き届かなくなるようでは、かなり経営も切迫していたとしても不思議ではありません。改めて地方中小私鉄存続の厳しさを実感させた乗車ルポとなりましたねー。

私は7200形の顔は…ノーコメントで(爆)

投稿: 試運転スー | 2009年8月 5日 (水) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/30707755

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~金沢/金沢駅東口→野町→鶴来→加賀一の宮~:

« 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~加賀温泉→金沢~ | トップページ | 北陸フリーきっぷで、北陸の鉄道旅 ~加賀一の宮→新西金沢/西金沢→金沢/北鉄金沢→内灘→北鉄金沢/金沢→帰京~ »