« 「東京総合車両センター 一般公開」に行ってきました ~その1~ | トップページ | 「東京総合車両センター 一般公開」に行ってきました ~その3~ »

2009年8月25日 (火)

「東京総合車両センター 一般公開」に行ってきました ~その2~

Img_7341

Img_7354_2 

精錬された検修庫内にはE231系が入庫中。

Img_7350

車両展示ゾーンに展示された車両群。左から事業用電車クモヤ143形・東海道本線などで活躍する通勤形電車E231系・1996年までJR鶴見線で運用されたクモハ12052。

Img_7359

同センター所属車両だけでなく、高崎支社からEF60形19号機とオハニ36形客車、JR鶴見線で活躍する205系1100番台、千葉支社から10月1日より房総各線で営業運転に入る209系2000番台が展示されていました。EF60形は寝台特急「あさかぜ」のヘッドマークを掲出しています。

Img_7379

車両展示ゾーンの脇には、稼動されていない事業用電車クモユニ143形が留置されていました。

Img_7386

旧型客車オハニ36形に立ち入りできるようなので、さっそく荷物室部分から。この車両は席車との合造車両なのです。車内灯や引き戸部分は、かなり無骨なデザインですねー。

Img_7383

ガラス越しから車掌室を撮影。かなり簡素な造りです。

Img_7390

当時は三等車だった座席車内に移動。

Img_7391

洗面台もかなりレトロです。

Img_7400

奥にはもう1両連結されていました。当時の網棚は、その名のとおり繊維の網で作られていたんですよねー。

Img_7394

連結されていた車両はスハフ32形。運転可能な旧型客車の中では日本最古です。よく見ると車内スピーカーが木箱で覆われていますねー。

Img_7401

Img_7404

昭和初期に製造された”旧型客車”は、20m鋼製車両ですが、車内はほとんどが木製。年季の入った艶が各所に見受けられます。

Img_7403

なんと!ブラインドも木製。まるで洗濯板のようなものが上から降りてきました。

しばしレトロな気分に、そうくんと浸っていたのでありました。さて、次は…。

|

« 「東京総合車両センター 一般公開」に行ってきました ~その1~ | トップページ | 「東京総合車両センター 一般公開」に行ってきました ~その3~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/31079497

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京総合車両センター 一般公開」に行ってきました ~その2~:

« 「東京総合車両センター 一般公開」に行ってきました ~その1~ | トップページ | 「東京総合車両センター 一般公開」に行ってきました ~その3~ »