« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月に作成された記事

2010年1月30日 (土)

京成、新型車両3050形の本線試運転を撮りました

1月8日より京成本線において新型車両3050形の試運転を行っています。友人の6DOORSさんから情報をいただき、とある日に一緒に撮影に出かけました。

Img_0739

この3050形は今年7月に開業予定の”成田スカイアクセス”にて一般特急列車に運用されるもので、既存の3000形車両をベースに、ボディーの前面や側面及び座席に飛行機をデザインして、空港アクセス列車であることをアピール。この日の試運転は京成高砂~宗吾参道で行われました。《京成本線菅野~京成八幡 1/400 Av5.5 露出補正0 ISO200》

デザインが変わると3000形ベースとはいえ、違ったイメージになりますねー。

”成田スカイアクセス”開業後は、最高時速120キロ運転となるようです。定期運行では本線の京成高砂以東を走行しないと思われるので、貴重なシーンを記録することができました。6DOORSさんとは撮影地は別だったのですが、撮影後に合流も果たせました。6DOORSさん、ありがとうございました。そして、撮影お疲れ様でした。また、新型スカイライナーとかネタがありましたらお願いします(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

多摩都市モノレール、「みんなのモノレール号」運転中

昨年11月16日より「みんなのモノレール号」を運転しています。

Img_0708 

これは全線開通10周年記念企画のひとつで、一般公募による絵画コンクールの優秀賞受賞作品が車体側面にラッピングされています。また、車内には同コンクール全応募作品が展示されています。

Img_0707_2

充当されている編成は白い車体が特徴の1000系第2編成で、前面には円形のヘッドマークを掲出しています。《多摩都市モノレール線立飛付近 1/500 Av5.5 露出補正-1/3 ISO80》

運転期間は1月30日まで。様々な記念列車を運転してきた同路線ですが、これでひと段落かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

京急、大師線「賀正」ヘッドマークを撮りました

元日より京急大師線の全編成に、毎年恒例の川崎大師干支ヘッドマークが掲出されています。とある日、こちらも私事では恒例で、川崎大師参拝の際に、掲出車両の撮影もしてきました。

Img_0680

まずは1500形。《京急大師線川崎大師~東門前 1/800 Av5.5 露出補正-1/3 ISO200》

Img_0679

この日は旧1000形の運行は1編成のみ。これがたまたまだったのか、廃車が進んでいるためなのかわかりませんが、今年の正月も無事に”京急顔”を拝むことができました。《京急大師線川崎大師~東門前 1/800 Av5.5 露出補正-1/3 ISO200》

Img_0700

今年の干支である寅がデザインされたヘッドマーク。昨年までと違い、絵柄はこの1種類のみとなりました。

掲出期間は2月3日まで。特に今後の動向が注目される旧1000形のヘッドマーク車の記録はお済ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

JR、京浜東北線・根岸線209系引退

1993年より京浜東北線・根岸線で活躍してきた209系車両が2010年1月24日の営業運転をもって引退することになりました。

Img_0674

それにあわせて、1月17日よりウラ52編成に記念ヘッドマークを掲出し、運行に就いていました。《JR京浜東北線川崎 1/100 Av5.5 露出補正-1/3 ISO200》

Img_0705t

引退を記念したイベントを大宮・大船両駅で開催した模様。私は行っていませんが…。

Dscn4319

在りし日の209系。(JR根岸線新杉田)

スー的には沿線在住の友人宅へ向かう足として良く利用していました。しかしながら、座席の座り心地の固さや連結部の貫通扉を廃止したためか車内に金属音が響き、いい車両というイメージがありませんでしたが、この形式で培われたものが、のちのE231系やE233系開発に影響を及ぼしたことを考えると、17年間の営業運転に労いの言葉をかけてあげたくなります。あと、209系が引退することで、同線での6扉車両も消えることとなりました。

長い間、お疲れ様でした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年1月23日 (土)

新京成、「謹賀新年」ヘッドマーク車を撮りました

昨年から「謹賀新年」ヘッドマークの掲出始めた新京成線ですが、今年の掲出車両を撮ろうと17日に小金井シンさんと出かけてきました。

Img_0630

京成千葉線直通対応車の8507Fが充当され、台形の大型なヘッドマークを掲出。中央には干支である寅が描かれています。《新京成線みのり台付近 1/640 Av5.5 露出補正-1/3 ISO160》

掲出期間は今月末まで。現地到着早々に確認することができたので、今年は縁起がいいかしらん♪

同行した小金井さん、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

JR、日光線107系 従来色の運行終了

JR東日本発足後初の自社製車両として1988年より日光線で運行を開始した107系ですが、昨年3月より同線の「乗って楽しい観光路線化」を目指してレトロ調の新色に順次変更していました。そして1月17日をもって従来色車両の運行を終了しました。

Img_1497

従来色のデザインは、初の自社製造車両を記念して一般公募したものでした。画像は、在りし日の107系です。(JR日光線宇都宮)

レトロ調新色の107系は未だ記録していないので、機会をみて訪れたいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

2010年の撮り初めは富士急から

本年も様々な箇所に撮影に出向くつもりでおります、試運転スーです。

皆さんはどのような新年を迎えましたか?私は元日と2日はずーーーーーっと家に籠り正月休みというものを満喫しておりました(笑)

しかしながら、鉄分不足による禁断症状が…。てなわけで3日に今年の撮り初めをし富士急行線に出撃しました。

昼前に大月に到着し、駅前のそば店で「かつそば」を昼食に。富士急行線に乗車し、降りたのは田野倉。マイスポットになりつつあるこの界隈は、富士山をバックに撮れる有名なポイントには適わないものの、編成記録には充分対応できる箇所がありつつ、大月から近いこともあり、お気に入りです。下車し、ポイントを探っていたら、先客の姿を見つけ、ご一緒させてもらうことに。京王5000系好きと仰る方で、鉄道談義に花が咲きました。

Img_0584_2

さて、なぜ私がここを撮り初めに選んだかというと、正月三が日は「お正月特製ヘッドマーク」を掲出して運転することを知ったもので。私の記憶には富士急行線でそのような掲出は過去になかったと…。しかもこの日は昨年10月より再登場した、まだ記録していない「マッターホルン号」での掲出ということもあり、決めたのでした。

1991年よりスイスのマッターホルン・ゴッタルド(以下、MGB)鉄道と姉妹提携を結んでいますが、2006年の姉妹提携15周年記念の際に登場したのが「マッターホルン号」でした。MGB鉄道の客車をイメージした紅白塗装になっているのが特徴ですが、先代のものと比べると車体上部に白線が追加されています。

特製ヘッドマークは前後で別デザインとなっていました。大月側は元京王車両ということに配慮したのか、往年の京王線「迎光号」を髣髴させるものでした!これには2人して大興奮♪《富士急行線田野倉~禾生 1/500 Av4.5 露出補正-1/3 ISO160》

Img_0592

一方、河口湖側は今年の干支である寅と富士山の初日をイメージしたようなデザイン。《富士急行線田野倉~禾生 1/500 Av4.5 露出補正-1/3 ISO200》

Img_0594

私は今年は厄年なので、縁起を担ごうと、このような記念入場券を購入して帰りました。

同行させていただいた方には、他にも撮影ポイントを紹介してくださったり、周囲の民家との応対も丁寧で、大変お世話になりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »