« 18きっぷでお出かけ ~小田原→大阪~ | トップページ | 18きっぷでお出かけ ~関西空港→難波~ »

2010年5月14日 (金)

18きっぷでお出かけ ~和歌山電鉄~

大阪から紀州路快速で和歌山へ。

Img_1617ここから、私が楽しみにしていた和歌山電鉄への乗車です♪1日乗車券を購入し、乗り込んだ車両は2007年7月29日にデビューした、真っ赤な全身塗装の”おもちゃ電車”でした。《和歌山電鉄貴志川線和歌山 1/400 Av2.6 露出補正0 ISO80》

Img_1618車内は、かなり独創的な作りとなっています。富士急行の「富士登山電車」車両デザインなどを手がけた水戸岡氏が同路線車両リニューアルを監修しています。簾のブラインドや座椅子のようなシートなど、和のテイストをふんだんに用いてるあたりが水戸岡デザインの特長でもありますね。

Img_1619 車内にガチャポンが!単なるオブジェではなく、ちゃんと利用できます。

Img_1636終点の貴志に到着。現在、改造中のため駅舎はなし。

Img_1629和歌山電鉄といえば、いまや全国区の人気者である「たま駅長」。駅向かいの売店に駅長室はありました。

Img_1627以前に訪れたことのある、会津鉄道芦ノ牧温泉駅の「ばす駅長」など、様々な動物駅長が全国各地に波及している昨今ですが、和歌山電鉄貴志駅が火付け役でありパイオニア。他にもネコ助役が存在するそうです。ちなみに駅長など役付けが与えられているネコたちは、この売店の飼い猫です。任期は終身雇用で報酬は年棒としてキャットフード1年分!なかなかのVIP待遇であります。多くの観光客の視線を浴びながらも、堂々と昼寝している様は、威風堂々としておりました(笑)

Img_1639貴志駅を後にします。乗車したのは2006年8月6日にデビューした”いちご電車”。現在の和歌山電鉄デザインの第1号です。貴志はいちごの産地としても有名な土地なんですね。《和歌山電鉄貴志川線伊太祈曽 1/1250 Av2.8 露出補正0 ISO80》

Img_1637車体だけでなくロングシートのモケットもイチゴ柄。なんともメルヘンチックというか(笑)

Img_1641当駅では上下列車の交換が行われます。下りホームに2009年3月21日にデビューした”たま電車”がやってきました。《和歌山電鉄貴志川線伊太祈曽 1/1250 Av2.6 露出補正0 ISO80》

Img_1640

全体にたま駅長のイラストが101匹描かれているそうです!

Img_1643当駅構内には車両基地があります。2270形車両が全6編成配置されていますが日中は3編成で運行されています。

Img_1647ここから沿線撮りしながら吉礼駅に向かうことに。《和歌山電鉄貴志川線吉礼~伊太祈曽 1/500 Av4.0 露出補正0 ISO125》

Img_1653

Img_1661吉礼駅はホーム1面の無人駅。当駅をはじめ様々な駅には和歌山電鉄誕生5周年を祝す横断幕の一方で、これからも貴志川線を存続していかねばならないという危機感を煽る横断幕も。南海電鉄より引き継ぎ、様々な試みで再生を図り成功したかに思える裏には地元生活路線の存廃への危機感が根強く残っているようです。

Img_1662《和歌山電鉄貴志川線交通センター前~岡崎前 1/640 Av5.5 露出補正0 ISO200》

Img_1667《和歌山電鉄貴志川線交通センター前~岡崎前 1/400 Av3.5 露出補正-1/3 ISO80》

Img_1670その後も途中下車しながら沿線撮りを行い和歌山に戻りました。2270形は今後も車体色のリニューアルを行う計画があるようなので、いずれ南海色が見られなくなるかもしれません。《和歌山電鉄貴志川線交通センター前~岡崎前 1/640 Av4.0 露出補正-1/3 ISO80》

|

« 18きっぷでお出かけ ~小田原→大阪~ | トップページ | 18きっぷでお出かけ ~関西空港→難波~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/34545424

この記事へのトラックバック一覧です: 18きっぷでお出かけ ~和歌山電鉄~:

« 18きっぷでお出かけ ~小田原→大阪~ | トップページ | 18きっぷでお出かけ ~関西空港→難波~ »