« 北海道&東日本パスを使ってみた 第5日目(函館→青森) | トップページ | 北海道&東日本パスを使ってみた 第6日目(八戸にて) »

2010年9月13日 (月)

北海道&東日本パスを使ってみた 第5日目(青森→野辺地→八戸)

Img_5659

非冷房車なので窓を開けて時折排煙が香る自然の風を体に感じながらの乗車です。窓を開けるのも貴重なことになってしまいましたね…。列車は浅虫温泉辺りから太平洋を望むようになりました。JR東北本線から海を望める区間が少ないです。今回の汽車旅では多くの海辺の車窓を堪能しています♪

Img_5668

野辺地で下車し、ここから快速「きらきらみちのく下北」に乗り換え。青森の”ねぶた”をイメージしたという赤のカラーリングが一際目立ちますね。当初はこの列車を今日、始発の大湊から乗車する予定でした。大幅に行程が狂いましたが、ここで本来の行程に戻せたことになります。

Img_5670

今回の汽車旅で乗車した「きらきらうえつ」「リゾートしらかみ」といったリゾートトレイン同様、先頭部は展望できるように大型窓と簡易パイプベンチを設置。

Img_5674

車内はガラガラでしたね。座席配置は1対2。

Img_5673

今回は1人席をチョイスしていました。1人席は海側に配置しているため、窓側に角度を変えることができます。乗車時は思いきり西日が差し込んで無意味でしたが|||orz

Img_5672

田園の先に新青森へと伸びる東北新幹線の高架が見えました。

Img_5765

八戸にやってきました。今日のゴールです。

Img_5696

Img_5691

Img_5692

Img_5695

Img_5954

到着後、改めて車両を観察すると…以前乗車したときにはなかった派手なラッピングが。青森県内で催される大祭を描いています。

Img_5678

JR東北本線八戸~盛岡は、2002年に東北新幹線同区間延伸開業により 平行在来線の経営分離策が行われたため第三セクター鉄道「青い森鉄道」「IGRいわて銀河鉄道」の2社が誕生。県境にあたる目時が会社分界点となりますが、運行の大半はIGR車両が青森県側にも乗り入れています。12月の東北新幹線八戸~新青森延伸開業時にも、JR東北本線八戸~青森が青い森鉄道に移管されることになります。

Img_5680

Img_5687

IGRいわて銀河鉄道の車両はIGR7000系。車体はJR東日本701系とほぼ同様です。

Img_5693

Img_5789 Img_5812

当駅で日中に特急列車は入線しなくなるんですよね~。 

Img_5825

一旦、ホテルにチェックインするために改札口を出ます。東西を結ぶ自由通路が設けられており、”うみねこロード”という愛称がついています。

Img_5827

晩ご飯は海の町らしく、イカ刺し定食で。

Img_5708

Img_5719

Img_5735

食後、再び駅構内へ。水銀灯に照らされる車両って好きなんですよね♪     

|

« 北海道&東日本パスを使ってみた 第5日目(函館→青森) | トップページ | 北海道&東日本パスを使ってみた 第6日目(八戸にて) »

コメント

ねぶたラッピング車両はかなりのインパクトですねsign03

いわて銀河鉄道や青い森鉄道、素敵なネーミングで気になる社線でしたが、第三セクターとなるまでのいきさつを知らなかったので、勉強になりました。

投稿: MONA | 2010年9月20日 (月) 09時57分

MONAさん>
コメントありがとうございます。

あのラッピングはインパクトありありでしたね!!
12月4日からは八戸~青森も第三セクター化されるので、JR大湊線とJR八戸線が孤立した路線として残るので、今後の運行形態に注目ですね。

投稿: 試運転スー | 2010年9月24日 (金) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/36704070

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道&東日本パスを使ってみた 第5日目(青森→野辺地→八戸):

« 北海道&東日本パスを使ってみた 第5日目(函館→青森) | トップページ | 北海道&東日本パスを使ってみた 第6日目(八戸にて) »