« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月に作成された記事

2011年1月30日 (日)

小田急、VSEに謹賀新年HM掲出

別ネタを撮りに外出していたときのこと。VSEがやってきたのでフツーに撮影していたら

あれ?なんか付いてる。

先頭部に赤い丸の何かがありました。

Img_0300

よく見たら、金色のウサギが描かれ「New Year 2011」のロゴ入りHMでした。毎年元日には「ニューイヤーエクスプレス」という臨時列車が運転されますが、今年からHMを掲出するようになったんですかね?沿線住民なのに知りませんでしたww≪小田急小田原線開成~栢山 1/1000 Av5.0 露出補正-2/3 ISO125≫

同様にMSEにもHMが掲出されていたそうですね。私は未確認でしたがorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

上毛、「2011新春イベント」に行ってきました ~西桐生駅ライトアップと大胡駅イルミネーション~

大胡でのイベント会場を後にし、再び線路沿いから上毛電車を撮影することに。

Img_0072

700型2本に掲出している謹賀新年HMデザインが前後で異なるため、中央前橋側のHMを狙うことに。まずは711F。≪上毛電鉄樋越~北原 1/800 Av5.5 露出補正-1/3 ISO200≫

Img_0077

716F。≪上毛電鉄樋越~北原 1/640 Av5.5 露出補正-2/3 ISO200≫

Img_0075

昨年11月よりリニューアルした”水族館電車”の714Fも見ることができました。≪上毛電鉄樋越~北原 1/800 Av5.5 露出補正-1/3 ISO160≫

Img_0082

陽ざしも弱まってきたので、撤収し西桐生へ向けて乗り込みました。車内には正月飾りが施されていました。

Img_0083

Img_0091

Img_0093

Img_0094

Img_0098

Img_0104 

Img_0109_2

西桐生駅舎も登録有形文化財に指定されています。昭和初期のモダンな洋風建築で、外壁は褐色のモルタル塗り。内部は漆喰塗りで換気口を中心にレリーフが施されているのが特徴です。プラットホームの屋根部分は開業時のまま。

Img_0100

Img_0102

同駅と中央前橋には、「未来へつながレール」と題されたレールが置いてあります。昭和3年の開業時に使用されたものだそうで、願掛けの意味をこめて展示しています。

Img_0118

駅舎がライトアップをするというので、その時を待ったのですが…もっと幻想的に浮かび上がるような照明なのかと思いきや、正面からサーチライトを当てたものでしたw

Img_0193

記念スタンプが押印された袋に入った登録有形文化財記念の硬券を購入。

さあて、日も落ちたのでまっすぐ中央前橋まで乗り通し、帰宅の途に着くのみです!

と、思ったのですが!!

大胡に差し掛かった途端、衝動に駆られ途中下車することに。

それは、見事なライトアップの数々shine

Img_0126

Img_0129

Img_0133

Img_0140

Img_0143

Img_0150

Img_0156

Img_0161

Img_0164

Img_0168

Img_0174

Img_0181

昼とは違った顔を見せてくれた大胡駅。夜の帳に輝く光景に甚く感動したのでした♪

小金井シンさん、お疲れ様でした~!         

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

上毛、「2011新春イベント」に行ってきました ~新春イベント-2~

Img_9893

撮影会会場に移動。ちょうどデキ3021による綱引き大会が終了したばかりorz

Img_0057

今回訪れる中で、一番興味があったのがこの電気機関車。2009年に東急電鉄から譲渡されました。1929年川崎重工製の凸型デザインがなんとも個性的で好きですね~♪ただ、動態保存を目的とした譲渡だったそうで、現在は車籍をもたないため本線走行ができないとのこと。いつぞや、これがホキを牽引する雄姿を見てみたいものです。

この時に撮影地でご一緒した方とも再遭遇。無事に辿り着けて良かったですね♪

Img_9889

Img_9904_2

Img_0028

デキ3021の後ろには本線を臨時運行したデハ101の姿が。

Img_0041

デハ104と東武鉄道からやってきた貨車との並び。

Img_9879

Img_9882

Img_0030

デハ101と同じ形式のデハ104。日章旗が凛々しいですね♪14年前に廃車後は1960年代塗装の”カラシ色”に再塗装され、同駅構内で余生を過ごしています。こうして間近でデハ104を見ることが初めてだったので、テンションが上がりました♪

Img_9917

Img_9921

Img_9928

やがてデハ101が動きだし、デハ1104とのジョイントが実現!

Img_0001

デハ101の日章旗を付け直して…。

Img_0009

Img_9944

Img_0021

Img_0026

Img_0017

古豪車両の並びを何カットも撮影し、気分も上々で会場を後にしました。

つづく          

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

上毛、「2011新春イベント」に行ってきました ~新春イベント-1~

Img_0058

イベント会場である大胡に到着。

Img_0063

私とって久々の来訪。駅名標デザインも、いつしか変わっていました。

Img_0059

このような横断幕が掲げられていました。

Img_0061

Img_0065

Img_0068

駅構内の至る所に電飾が。これの意味するのは…?

Img_0066

ホームから会場の大胡電車庫を望む(イベント参加後、14:30頃の撮影)   

Img_9864

会場入り口に到着。

Img_9871

715F”ジュエルピンク色”が休憩用車両として開放されていました。

Img_0051

Img_0052

電車庫内には飲食物販売コーナーや上毛電鉄・東武鉄道のグッズ販売が行われていました。その傍らには元東武5700系などの台車が展示されていました。

飲食物は、100円という大奉仕価格!せっかくなので残り1個だった焼きそばを購入し、昼食とします。

Img_0042

Img_0043

Img_0047

Img_0050

Img_9911

Img_9912

この電車庫は、上毛電鉄の所有する国の登録有形文化財の一つ。増改築を繰り返してはいるものの、昭和3年の開業当初からの木造部分はそのまま。木造板張りで、トラスj構造を採用した建造物で、安定度が高く柱間を広めにとることができ、意外なほど開放的な空間を実現しています。

Img_0054

Img_0055

Img_0056

プレハブ小屋の鉄道模型展示室。正直期待してなかったのですが、入ってビックリ。懐昔上毛電鉄に乗り入れていた東武列車のヘッドマークや旧国鉄時代の幕などが壁中に所狭しと飾られており、幕はキチンと電動で変更。懐かしさ漂うひと時を過ごしました。係員さんは黙々と幕を変更したり、模型を走らせたり…確実に趣味として没頭してるな(笑)

つづく               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

上毛、「2011新春イベント」に行ってきました ~まずは撮り初め~

昨年末に友人から強く強く強く誘われていた新年3日に開催される「2011新春上毛電鉄イベント」に参加してきました。今年初の鉄ネタですww

北千住7:51発特急「りょうもう3号」で赤城に入りました。”上州の空っ風”は吹き荒れていないものの、ピン!と張りつめた冷たい空気の中、まずはデハ101号の臨時運行を撮れるポイントを探索。

Img_9836

全8色ある700型。まずは712Fロイヤルブルー色。≪上毛電鉄線東新川~赤城 1/1000 Av4.0 露出補正-1/3 ISO100≫

Img_9837_2

718Fゴールデンオレンジ色。≪上毛電鉄線東新川~赤城 1/1000 Av4.0 露出補正-1/3 ISO100≫

Img_9839

そして、干支が描かれたヘッドマークと日章旗を掲出したデハ101号が、重厚なモーター音を響かせながらやってきました。≪上毛電鉄線東新川~赤城 1/1000 Av4.0 露出補正-1/3 ISO100≫

Photo

撮影後、赤城に戻りフリー切符を購入し、上毛電鉄に乗り込みます。

Img_9840

私が以前訪れたことのあるスポットで、デハ101号の折り返しを待ちます。遠くから赤城山麓を背に撮影する方々など数名の先客あり。我々が到着した後も、東京からクルマでやってきたという男性と遭遇。その間に716Fパステルブルー色がやってきました。迎春ヘッドマークを掲出しています。≪上毛電鉄線粕川~膳 1/1000 Av5.5 露出補正-1/3 ISO125≫

Img_9849

711Fフィヨルドグリーン色も迎春ヘッドマークを掲出していました。≪上毛電鉄線粕川~膳 1/1000 Av5.5 露出補正-1/3 ISO160≫

Img_9851

デハ101号の西桐生からの折り返しがやってきました。西桐生側とは違うデザインの迎春ヘッドマークを掲出しています。≪上毛電鉄線粕川~膳 1/250 Av5.5 露出補正0 ISO80≫

さて、いよいよイベント会場の大胡に向かいましょう。

つづく 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

都営、都電荒川線8800形に新色登場

さて、世間ではクリスマスに湧いている中、友人と都電荒川線に向かいました。既に運行されている新型車両8800形に、2色の新色が登場するということで、それを記念したセレモニーと車両撮影会が行われるためです。

Img_9494

Img_9503

Img_9509

既にローズレッドとバイオレットの2色が運行されていますが、今回はイエローとオレンジが追加され4色になるとのこと。

「もし全色勢揃いしたら神だね♪」

などと友人と話しながら会場入りしたら、まさかの勢揃い!弥が上にもテンションが上がります!

Img_9511

Img_9519

Img_9522

Img_9526

Img_9528   

まずはセレモニーから。東京都交通局の役員や沿線の区長や衆議院議員と多彩な顔ぶれによる祝辞が繰り返されました。路面電車が見直されている昨今に乗って、池袋東口や、三ノ輪橋から東京スカイツリーまで延伸を唱える人もいました。

中には、にわか鉄知識を絡ませて

「この新色にローレル賞を!」

などと声高に提案していた人がいたのには笑えましたww

数ある祝辞の中で、今回の4色は、沿線に咲くバラに因んだものだということを知り、感心した次第です。

Img_9531

祝辞の後は、都電荒川線マスコットキャラクターの発表が、パネルによってお披露目されました。1830件もの一般公募の中から決定したとのこと。今後のイベント時に一役買ってくれることでしょう。

Img_9537

その後、テープカットが行われ、セレモニーは終了。

Img_9590

Img_9594

Img_9600

Img_9617

そして、約30分間の撮影タイム♪今回は撮影時間が短いこともあり、行き先表示変更といったことはありませんでした。それにしてもカラフルですね~♪

Img_9631

イベント終了後には、都電荒川線愛好家として有名(?)な、鉄道ジャーナリストの史絵.さんも登場。

Img_9670

Img_9671

Img_9675

Img_9699

午後からは、全色とも営業運転に入って行きました。ずいぶん賑やかになった都電荒川線カラーラインナップ。撮りに行くのが楽しくなりそうです。ヘッドマーク掲出は1月23日までです。          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

江ノ電全線開通100周年記念

これの日は、そのまま知人宅に泊まり、翌日には帰宅がてら、友人と江ノ電へと向かいました。

ダメもとでお誘いしたら、朝からの行動にも係らず、昨夜の忘年会に参加して帰宅した、そうくんが再登場。いやはや、ご苦労様です。

Img_1518_2

江ノ電は、昨年11月4日に全線開通100周年という節目を迎えました。それを記念したヘッドマーク掲出車両も走っています。実は昨春に一度訪れているのですが、そのときは300形のヘッドマーク車のみで、もうひとつの新500形によるヘッドマーク車を見たくて再訪したのでした。しかし…今回もその願いは叶わずorz≪江ノ島電鉄線七里ヶ浜~稲村ヶ崎 1/400 Av5.5 露出補正0 ISO80≫

Img_9450

Img_1539

Img_1524

Img_1530

ヘッドマークだけでなく、全車両のサイドにも記念マークの貼付、駅には横断幕やフラッグが掲げられています。

Img_9391

Img_9428

さらに昨秋11月4日より、20形1編成に開業当時の車両1号車をイメージした車体塗装を施し、車内においてもシート生地や吊り手も仕様変更したリバイバル車両が運行されており、それは再訪の際に見ることができました。≪江ノ島電鉄線七里ヶ浜~稲村ヶ崎 1/1000 Av4.0 露出補正0 ISO160≫

明治35年9月1日、江ノ電が藤沢~片瀬間で営業を開始して以来100年余、幾多の変遷を経て今日を迎えました。藤沢~鎌倉まで全長10km。時間にして34分間。山あり河あり、海あり、トンネルと路面あり。これからも、古都鎌倉と湘南藤沢・江の島を結ぶ足として活躍してもらいたいものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

京成スカイライナーとJR成田エクスプレスをハシゴ乗りしてきました ~成田空港→横浜~

Img_9321

本日ラストランは、17:16発特急「成田エクスプレス40号」です。

Img_9336

成田空港B滑走路延伸に伴う国際線離発着回数の増加で、益々の利用客の増加が見込まれる中、JR東日本は2009年10月に「E259系」なる新形式の「成田エクスプレス」専用に特化した新型特急をデビューさせました。JR vs 京成の看板列車の乗り継ぎです。

Img_9326

Img_9329

Img_9330

253系から引き継いだサイドロゴマーク。E259系サボもフルカラーLEDを採用。

Img_9337

黒ベースに赤のワンポイントを入れた座席は、これまでの「N'EX」のイメージを上手く残していて、安心感があります。それだけ「ブラック&レッドはN'EXのイメージカラー」というのが、一般にも深く浸透したということか。

Img_93531
シートピッチは1,020mm。JR東日本の定期特急の普通車としては最大級。さらには、全ての座席のアームレスト先端に電源コンセントが装備されていて、普通車にして全席電源付きと実現に!なんとも破格の設備です。

Img_9341

ヘッドレストは上下可動式枕を装備。頭への当たり具合も良いのは新AE形とは違う印象。N'EXのロゴをあしらった刺繍も施されていました。

Img_9347

Img_9348

Img_9351

17インチのLCD情報装置をデッキのほか、客室内では車端部のほか客室中ほどにも設置しています。様々な情報が日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語で次々と表示。そういえば車内放送(自動放送ですが)も4か国語案内。いかにも国際空港アクセス特急ならでは。

成田空港・空港第2ビルと停車したのちは東京までノンストップ。さらに新宿や横浜方面へと分割し、JR線の持つ広域ネットワークを網羅している列車だけに、当日の指定席券購入時には◎だった空き状況も運行時には、ほぼ満席状態でした。

京成とJR。それぞれの”らしさ”を感じた今回の乗車となりました。

Img_9355

この日は横浜まで乗車し、他の仲間と合流。その夜は焼肉に舌鼓をうったのでした。   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

京成スカイライナーとJR成田エクスプレスをハシゴ乗りしてきました ~成田空港駅を俳諧~

Img_9234

京成上野から44分で成田空港に到着。

Img_9230

元々は成田新幹線用に作られていた地下空間を活用しているですが、JRと違い、地下区間終端までレールが伸びていました。

Img_9223

Img_9236

成田スカイアクセス線のラインカラーであるオレンジが各所に使用されています。

Img_9239

ここまでオレンジを強調するにはわけがあります。島式1面2線ホームを半分に区切り、京成上野形を京成本線用ホーム、後方を成田スカイアクセス線用ホームとしているからです。これは空港第2ビル駅でも同様の構造。スカイアクセス線⇔京成本線との乗り換えは中間改札を通ることになります。なんとも違和感を感じますねぇ。

Img_9255

違和感といえば、戸惑ってしまったことが…。友人のアクシデントがあり、空港第2ビル駅に戻ることになったのですが、いつまで待てど、ホームにはスカイライナーしか到着せず、時刻表にもスカイライナーしか表記してありません。

「一般列車(アクセス特急)も乗り入れているはずなのにはて?」

と困惑しながらコンコースに上がってみると、なんと別ホームでしたorz

どうやら成田スカイアクセス線開業に伴い、新たに1面1線ホームを設け、それをアクセス特急専用ホームとしたようです。独立したトンネル内に新設されたので、スカイライナーを見ることはありません。

Img_9257

Img_9259

Img_9261

やってきたのは京成3050形。成田空港へのアクセス特急を意識したデザインになっているとは聞いていましたが、本当に内外装ともに飛行機のイラストがあしらわれていますね~。

Img_9263

Img_9264

一般列車とはいえ、さすがは空港アクセス。乗り込む乗客の顔ぶれは国際色豊か♪

Img_9270

空港第2ビル到着。コンコースには、成田空港に接する芝山町から出土した埴輪がモ展示されています。同町は埴輪の町なのです。

Img_9280

AE100形と遭遇。「シティライナー」と改称し、従来通り京成本線経由で成田空港への足として頑張っています。

Img_9287

Img_9289

前述したように、空港第2ビル駅ホームも前後で扱う路線が違います。

Img_9284

顔のようなイラストが描かれているホームのベンチ。空港第2ビルはJALの発着なのでそれに合わせて赤なのだとか(成田空港ではANAなので青を採用)。

Img_9273

空港ロビーには大きなクリスマスツリーが。ここでも季節感を得る機会がありましたねぇ。

Img_9295

友人のアクシデントも無事に終え、第1ターミナルまで再移動。夕刻でしたが、寒風をここらえながら展望デッキで離発着する飛行機を見物。

Img_9316

いい感じに日が暮れてまいりました♪

Img_9318

成田空港を後にします。復路はJR線で…。

つづく                  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新年のご挨拶

Img_0584

あけましておめでとうございます

昨年は何かとお世話になり、ありがとうございました。

本年も引き続き変わらぬお付き合いを

どうぞよろしくお願いいたします。

皆様のご多幸を心よりお祈りいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »