« 京王、競馬場線6000系引退 | トップページ | 京王、「高尾山冬そば号」を撮ってました »

2011年2月12日 (土)

小田急、「5000形10連さよなら運行」を撮ってきました

1月29・30日に最後の”小田急顔”である、5000形による10両臨時列車が新宿→唐木田に運転されました。この運行をもって、同形式6両編成が姿を消すことになるため、同形式による10両編成の姿は、これが最後となります。長年、”小田急顔”に親しみを感じて過ごしてきた沿線住民であるスーにとって、事前応募である乗車&撮影会イベントにも参加したかったのですが、あえなく撃沈したため両日とも撮影に出撃することとしました。

Img_0565

まずは29日。事前にロケハンをしておき、撮影地に選んだのが多摩線でした。通常運行では5000形10連が入線することのない路線ゆえに、最初で最後の珍光景を記録しようと考えました。

通過予定時刻の約2時間前くらいから、小金井シンさんとそうくんの2名とともに現場入りしましたが、既に沿線にはレールファンの姿がちらほら…。中には中年女性の姿も。皆さん張り切っていますね~!

12時過ぎに前面中央部に円形のヘッドマークを掲出した5000形10連がやってきました。≪小田急多摩線五月台~栗平 1/800 Av4.5 露出補正0 ISO200≫

撮影後、最寄駅前のファストフード店で昼食をとりながらマッタリと過ごしたのですが、本来は本線にでも戻って、ロマンスカーを主体に撮ろうと目論んでいたのですが、外からホームを見るとレールファンの姿が多いこと!おそらく唐木田での撮影会後、車両は喜多見へ回送されるので、それを狙っているのだろうとは安に想像できたのですが、調べてみると私が想像していたよりも日中にやってくることが判明ww

Img_0574

メンバーで話し合った結果…せっかくの機会なので、唐木田からの回送も記録することに。車体側面に夕日を浴びながら、それはやってきました。≪小田急多摩線五月台~栗平 1/400 Av5.5 露出補正0 ISO200≫

29日は無事に撮影終了。撮影箇所でも特にトラブルは目につかず、マッタリと過ごせました。

翌30日は、快速AKB号さんと北斗星さんの2名で前日と同じく多摩線に出撃。移動途中で見かける、いくつかの駅ホームには前日よりも多くのレールファンの姿が。

メンバーと合流し、前日の成果や運行ダイヤなどを説明し、撮影場所をセレクトしてもらったら、前日とほぼ同じポジションとなりましたwwまあ、ここなら上下線撮影できますからね。

Img_0597_2

沿線撮影の姿は前日ほど多くなく、終始マッタリムード…。中にはクルマでやってきて車内からお別れを言っていた親子の姿がありました。≪小田急多摩線五月台~栗平 1/1000 Av5.0 露出補正-1/3 ISO100≫

残念なことに、この日は複数のヶ所で運行を妨害する行いをした輩がいたそうです。線路など敷地内に立ち入ることなど言語道断。こんな輩はレールファンとはとても呼べない。いい形で最後を送り出すことが真のレールファンではないのか。最近、こうした暴走した輩のニュースを耳にするたびに心苦しくなる。沿線撮影をしていると、地元の方から声をかけていただく機会がある。こうした方々に、今後も気軽に声をかけていただけるように努めなければならないのだ。鉄道は公共交通。ましてや撮影箇所も公共の場。身勝手な振る舞いは慎まなければいけない。我々レールファンが優位なのではない。場を拝借しているような立場なのだ。せっかく鉄道会社からの厚意により設けてくれたイベントも、このような不祥事が続くようでは、自ずと開催機会も減るであろう。自身の首を絞めていることに気づけ。

5000形6両編成は、1978年に就役。他形式と併結でき、小田急線の輸送力増強に多大な貢献をしました。 最盛期には20編成120両が小田急を代表する通勤車両として活躍してきましたが、新型車両である4000形新造により活躍の場を失うこととなりました。

在りし日の5000形6両編成…。

Dscn0329

Dscn0952

Dscn1674

  Dscn5402

Dscn5447

Dscn7511

Img_0268

Img_6911

Img_6939

Img_7065

Img_7828

同形式4両編成は、引き続き運行に就きますが、どうしても”付属編成”の感は否めず、”小田急顔”の実質的な終焉と、私は考えています。

撮影に同行してくださった方々、お疲れ様でした。思い出の車両の勇姿に立ち会うことができました。      

|

« 京王、競馬場線6000系引退 | トップページ | 京王、「高尾山冬そば号」を撮ってました »

コメント

当日は仕事や個人的な事情により同行出来ず、自分自身は残念でしたが、撮影お疲れ様でした…。

それにしても…、やはりありましたか、運行妨害が…。もういい加減にして欲しいですねぇ…(`へ´)

自己満足の為に他人の迷惑も考えない輩には、鉄道ファンを名乗る資格はないかと…(;-_-+


それはともかく、現存する唯一の小田急顔の5000系(6連)が、4連車がまだ残るとはいえ、引退する事になるとは…。

時代の流れとはいえ、淋しいものですね…(;_;)

分割併合運転されていた頃の、片瀬江ノ島&箱根湯本が併記された方向幕が懐かしく感じます…。

投稿: ニクマル | 2011年2月12日 (土) 21時28分

当日撮影お疲れ様でした。
私も小田急顔で行先幕が貫通扉下にあるこの車両がお気に入りでした。沿線住民のスーさんには感慨深い車両ですよね。

投稿: 快速AKB号 | 2011年2月12日 (土) 22時51分

先日は撮影に参加させていただき ありがとうございました。
とても楽しく過ごさせていただきました!

横軽の○○さんのHNは 快速AKBさん なんですね。

いつの日か 上野→大宮 ゴロンと作戦しましょーね。

投稿: 北斗星 | 2011年2月13日 (日) 00時05分

ニクマルさん>
コメントありがとうございます。

自己中バカの妨害行為は、後日知った出来事でした。本当に困ったものです…。

ニクマルさんの仰る通り、私も分割併合時代の行き先表示が好きでした♪考えてみれば縦書きの表示幕自体が過去のものとなりつつありますね。

投稿: 試運転スー | 2011年2月13日 (日) 23時43分

快速AKB号さん>
コメントありがとうございます。

当日はお疲れ様でした。そうですねー、車両形式こそ違いますが、”小田急顔”は幼少のころから見慣れていたので、その姿が過去のものとなる日がやってきたことに切なさを感じています><

投稿: 試運転スー | 2011年2月13日 (日) 23時45分

北斗星さん>
コメントありがとうございます。

当日はお疲れ様でした。久々にお会いでき、とても嬉しかったです♪

快速AKB号さんも北斗星さんとの時間を楽しんでいましたよ(笑)次回も撮影機会を設けてご一緒しましょう!

え!?ゴロンと作戦敢行ですか!!(笑)

投稿: 試運転スー | 2011年2月13日 (日) 23時48分

スーさん、こんばんはhappy01
5000形さよなら運転の際はお疲れ様でしたshine
田園都市線のステンレス車を見ながら育った私にはとても新鮮で5000形の角のない丸みのあるデザインとしっとりとしたカラーリングは新しい電車には見られない優しさが溢れている様で好きです!!4両編成の方がまだ残っているとはいっても、とても残念ですよねぇsweat01誘って頂いたお蔭で記念になりましたshineありがとうございましたnote

投稿: ジゴロウ | 2011年2月18日 (金) 01時24分

ジゴロウさん>
コメントありがとうございます。

当時の私は、逆にステンレス車両で先進している東急各線に脅威を感じていました。間違いなくいずれは、こうした車両が主流になるんだろうなと・・・。

今では、当時の技術では難しかった変形も可能になったようですし、なおのこと鋼製車両は、時代にそぐわないモノとなってしまったようです。

なお、ヘッドマークが中央に設置された理由は、後日談ですが、運転席下にあるステーでは重量の耐久性に問題が生じたそうでww

今まで中央部にヘッドマークを設けた例が少なかっただけに、そういう意味でも、貴重な記録になったのではないかと思います。お疲れ様でした~。

投稿: 試運転スー | 2011年2月18日 (金) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/38824815

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急、「5000形10連さよなら運行」を撮ってきました:

» 小田急5000形10両編成・さよなら運転〜6両編成は遂に見納めに [MAKIKYUのページ]
nbsp; 一昨日・昨日の2日間は、小田急線の5000形10両編成さよなら運転列車が新宿rarr;唐木田間で運転され、ご存知の方も多いかと思います。 この列車は各日450名定員の抽選となっており...... [続きを読む]

受信: 2011年2月13日 (日) 17時04分

« 京王、競馬場線6000系引退 | トップページ | 京王、「高尾山冬そば号」を撮ってました »