« 下町の新名所と下町の路面電車 | トップページ | お台場の顔「ゆりかもめ」 »

2011年5月 6日 (金)

小田急、特別ダイヤによる珍列車

首都圏の鉄道路線では、現在も電力供給不足の影響が続いており、いわゆる「節電ダイヤ」と称される特別ダイヤを組み、優等列車などの運行本数を減らしたり、他社線区への直通運転を中止したりしています。それゆえに、通常ダイヤではお目にかかれなさそうな列車の運行がいくつかありました。

地元周辺を走る小田急線の場合。

Img_1908

通常は小田急多摩線唐木田と東京メトロ千代田線綾瀬方面を相互直通運転している多摩急行ですが、一時期完全に直通運転中止していて、その際「多摩急行 新宿」という列車が登場。本来は地下鉄には入線できない車両での運用があり、その場合はステッカーを前面に貼付して運行されました。その姿は、往年の”スキップ準急”のよう(笑)

Img_3940

新宿方から相模大野行きの急行が日中に姿を現すのも、今時では珍しいかもしれません。

Img_4150

Img_4152

Img_4157

1本だけですが、新百合ヶ丘発唐木田行き急行列車が設けられました。多摩線は朝方上り列車のみ急行列車がありますが、下りでは初だと思われます。

このほかにも「急行 海老名」といった珍列車もありました。

今後も電力事情により、新たな特別ダイヤが組まれ、さらなる珍列車が登場するかもしれませんsmile    

|

« 下町の新名所と下町の路面電車 | トップページ | お台場の顔「ゆりかもめ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121017/39878247

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急、特別ダイヤによる珍列車:

« 下町の新名所と下町の路面電車 | トップページ | お台場の顔「ゆりかもめ」 »