カテゴリー「イベント日記」の記事

2011年2月26日 (土)

JR、「253系リニューアルデビューイベント」に行ってきました

東武とJR東日本が新宿⇔東武日光・鬼怒川温泉の直通運転を開始してから5周年にあたる今年4月16日より、旧N’EXの253系をリニューアルした新たな特急車両を導入することになり、同車のお披露目イベントが品川駅9番線にて行われるということで、快速AKB号さんと、久々に休日が重なった武蔵野カエルさんと足を運ぶことに。

Img_0946

品川駅に掲示されていたイベントの告知ポスター。

Img_0921

Img_0923

外観の塗色が、世界遺産日光のシンボルである二社一寺や神橋の「赤」と「朱」や日光の野山に咲く日光キスゲや紅葉のの「黄」を配色されたものに大きく変化。雑誌や公式リリースでのイメージパースを見たときは

「ゲゲっ!!」

と拒否反応を示した私ですが、 実車を見てみると、わりとイケてるようで…♪

旧N’EX時代にはなかった前面のLEDには2タイプの日本語による列車愛称名を表示。

Img_0924

さらには、中国語とハングルという3か国語表示が交互になされます。

Img_0942

Img_0944

サボのLEDは日本語と英語の2パターンなのは従来通り。

Img_0950

Img_0954_2

子供を対象とした制服撮影会も行われていました。

さて、車内見学をするには一度改札を出てパンフレットをもらう必要があるらしく、気楽な気持ちで改札を出ると…なんと、車内見学待ちの長蛇の列が、そこにはありました!みそこまで注目するような車両だっけか(笑)

Img_0963_2 

それでも10分そこそこには車内に入ることができました。やれやれ…。さて、姿見用の鏡が設けられた「パウダーコーナー」。これからの優等車両には必須になるのでしょうか。

Img_0964

旧N’EX時代に設けられていた「大型荷物収容スペース」は、リニューアル後も活躍櫛しそうです。

Img_0982

「多目的室」も設置してありました。

Img_0966

Img_0984

客室シートカラーは、奇数号車が大自然の紅葉をイメージした「橙」、偶数号車は日光の華厳の滝や鬼怒川温泉の渓谷をイメージした「青」と分けています。

Img_0978

シートピッチは1020mm。もともと空港アクセス特急として設計されていただけに外国人利用客も考慮されていた(と思う)空間は、驚異の座高を持つ私にはゆとりの足元であります。従来の485系よりは格段に内容がよくなったよねと称賛しきりでした。シートを反転して向かい合わせにしても膝がぶつかりません。

Img_0973

従来の背面テーブルのほか、ひじ掛けに収納してあるミニテーブル。これがあると、グループ旅行時には助かりますね。

Img_0989

通路上部には、日本語と英語による情報を提供。ちなみに自動放送は前記のほか中国語と韓国語を合わせた4か国語となるそうです。

「日光」「きぬがわ」として活躍するシーンを見てみたいものです。つか「きぬがわ」の表示も見たかったなー。

P.S.

当日はそうくんとMONAさんともお会いしたのですが、キチンとした応対ができませんで、申し訳ありませんでした。      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

上毛、「2011新春イベント」に行ってきました ~西桐生駅ライトアップと大胡駅イルミネーション~

大胡でのイベント会場を後にし、再び線路沿いから上毛電車を撮影することに。

Img_0072

700型2本に掲出している謹賀新年HMデザインが前後で異なるため、中央前橋側のHMを狙うことに。まずは711F。≪上毛電鉄樋越~北原 1/800 Av5.5 露出補正-1/3 ISO200≫

Img_0077

716F。≪上毛電鉄樋越~北原 1/640 Av5.5 露出補正-2/3 ISO200≫

Img_0075

昨年11月よりリニューアルした”水族館電車”の714Fも見ることができました。≪上毛電鉄樋越~北原 1/800 Av5.5 露出補正-1/3 ISO160≫

Img_0082

陽ざしも弱まってきたので、撤収し西桐生へ向けて乗り込みました。車内には正月飾りが施されていました。

Img_0083

Img_0091

Img_0093

Img_0094

Img_0098

Img_0104 

Img_0109_2

西桐生駅舎も登録有形文化財に指定されています。昭和初期のモダンな洋風建築で、外壁は褐色のモルタル塗り。内部は漆喰塗りで換気口を中心にレリーフが施されているのが特徴です。プラットホームの屋根部分は開業時のまま。

Img_0100

Img_0102

同駅と中央前橋には、「未来へつながレール」と題されたレールが置いてあります。昭和3年の開業時に使用されたものだそうで、願掛けの意味をこめて展示しています。

Img_0118

駅舎がライトアップをするというので、その時を待ったのですが…もっと幻想的に浮かび上がるような照明なのかと思いきや、正面からサーチライトを当てたものでしたw

Img_0193

記念スタンプが押印された袋に入った登録有形文化財記念の硬券を購入。

さあて、日も落ちたのでまっすぐ中央前橋まで乗り通し、帰宅の途に着くのみです!

と、思ったのですが!!

大胡に差し掛かった途端、衝動に駆られ途中下車することに。

それは、見事なライトアップの数々shine

Img_0126

Img_0129

Img_0133

Img_0140

Img_0143

Img_0150

Img_0156

Img_0161

Img_0164

Img_0168

Img_0174

Img_0181

昼とは違った顔を見せてくれた大胡駅。夜の帳に輝く光景に甚く感動したのでした♪

小金井シンさん、お疲れ様でした~!         

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

上毛、「2011新春イベント」に行ってきました ~新春イベント-2~

Img_9893

撮影会会場に移動。ちょうどデキ3021による綱引き大会が終了したばかりorz

Img_0057

今回訪れる中で、一番興味があったのがこの電気機関車。2009年に東急電鉄から譲渡されました。1929年川崎重工製の凸型デザインがなんとも個性的で好きですね~♪ただ、動態保存を目的とした譲渡だったそうで、現在は車籍をもたないため本線走行ができないとのこと。いつぞや、これがホキを牽引する雄姿を見てみたいものです。

この時に撮影地でご一緒した方とも再遭遇。無事に辿り着けて良かったですね♪

Img_9889

Img_9904_2

Img_0028

デキ3021の後ろには本線を臨時運行したデハ101の姿が。

Img_0041

デハ104と東武鉄道からやってきた貨車との並び。

Img_9879

Img_9882

Img_0030

デハ101と同じ形式のデハ104。日章旗が凛々しいですね♪14年前に廃車後は1960年代塗装の”カラシ色”に再塗装され、同駅構内で余生を過ごしています。こうして間近でデハ104を見ることが初めてだったので、テンションが上がりました♪

Img_9917

Img_9921

Img_9928

やがてデハ101が動きだし、デハ1104とのジョイントが実現!

Img_0001

デハ101の日章旗を付け直して…。

Img_0009

Img_9944

Img_0021

Img_0026

Img_0017

古豪車両の並びを何カットも撮影し、気分も上々で会場を後にしました。

つづく          

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

上毛、「2011新春イベント」に行ってきました ~新春イベント-1~

Img_0058

イベント会場である大胡に到着。

Img_0063

私とって久々の来訪。駅名標デザインも、いつしか変わっていました。

Img_0059

このような横断幕が掲げられていました。

Img_0061

Img_0065

Img_0068

駅構内の至る所に電飾が。これの意味するのは…?

Img_0066

ホームから会場の大胡電車庫を望む(イベント参加後、14:30頃の撮影)   

Img_9864

会場入り口に到着。

Img_9871

715F”ジュエルピンク色”が休憩用車両として開放されていました。

Img_0051

Img_0052

電車庫内には飲食物販売コーナーや上毛電鉄・東武鉄道のグッズ販売が行われていました。その傍らには元東武5700系などの台車が展示されていました。

飲食物は、100円という大奉仕価格!せっかくなので残り1個だった焼きそばを購入し、昼食とします。

Img_0042

Img_0043

Img_0047

Img_0050

Img_9911

Img_9912

この電車庫は、上毛電鉄の所有する国の登録有形文化財の一つ。増改築を繰り返してはいるものの、昭和3年の開業当初からの木造部分はそのまま。木造板張りで、トラスj構造を採用した建造物で、安定度が高く柱間を広めにとることができ、意外なほど開放的な空間を実現しています。

Img_0054

Img_0055

Img_0056

プレハブ小屋の鉄道模型展示室。正直期待してなかったのですが、入ってビックリ。懐昔上毛電鉄に乗り入れていた東武列車のヘッドマークや旧国鉄時代の幕などが壁中に所狭しと飾られており、幕はキチンと電動で変更。懐かしさ漂うひと時を過ごしました。係員さんは黙々と幕を変更したり、模型を走らせたり…確実に趣味として没頭してるな(笑)

つづく               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

上毛、「2011新春イベント」に行ってきました ~まずは撮り初め~

昨年末に友人から強く強く強く誘われていた新年3日に開催される「2011新春上毛電鉄イベント」に参加してきました。今年初の鉄ネタですww

北千住7:51発特急「りょうもう3号」で赤城に入りました。”上州の空っ風”は吹き荒れていないものの、ピン!と張りつめた冷たい空気の中、まずはデハ101号の臨時運行を撮れるポイントを探索。

Img_9836

全8色ある700型。まずは712Fロイヤルブルー色。≪上毛電鉄線東新川~赤城 1/1000 Av4.0 露出補正-1/3 ISO100≫

Img_9837_2

718Fゴールデンオレンジ色。≪上毛電鉄線東新川~赤城 1/1000 Av4.0 露出補正-1/3 ISO100≫

Img_9839

そして、干支が描かれたヘッドマークと日章旗を掲出したデハ101号が、重厚なモーター音を響かせながらやってきました。≪上毛電鉄線東新川~赤城 1/1000 Av4.0 露出補正-1/3 ISO100≫

Photo

撮影後、赤城に戻りフリー切符を購入し、上毛電鉄に乗り込みます。

Img_9840

私が以前訪れたことのあるスポットで、デハ101号の折り返しを待ちます。遠くから赤城山麓を背に撮影する方々など数名の先客あり。我々が到着した後も、東京からクルマでやってきたという男性と遭遇。その間に716Fパステルブルー色がやってきました。迎春ヘッドマークを掲出しています。≪上毛電鉄線粕川~膳 1/1000 Av5.5 露出補正-1/3 ISO125≫

Img_9849

711Fフィヨルドグリーン色も迎春ヘッドマークを掲出していました。≪上毛電鉄線粕川~膳 1/1000 Av5.5 露出補正-1/3 ISO160≫

Img_9851

デハ101号の西桐生からの折り返しがやってきました。西桐生側とは違うデザインの迎春ヘッドマークを掲出しています。≪上毛電鉄線粕川~膳 1/250 Av5.5 露出補正0 ISO80≫

さて、いよいよイベント会場の大胡に向かいましょう。

つづく 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

都営、都電荒川線8800形に新色登場

さて、世間ではクリスマスに湧いている中、友人と都電荒川線に向かいました。既に運行されている新型車両8800形に、2色の新色が登場するということで、それを記念したセレモニーと車両撮影会が行われるためです。

Img_9494

Img_9503

Img_9509

既にローズレッドとバイオレットの2色が運行されていますが、今回はイエローとオレンジが追加され4色になるとのこと。

「もし全色勢揃いしたら神だね♪」

などと友人と話しながら会場入りしたら、まさかの勢揃い!弥が上にもテンションが上がります!

Img_9511

Img_9519

Img_9522

Img_9526

Img_9528   

まずはセレモニーから。東京都交通局の役員や沿線の区長や衆議院議員と多彩な顔ぶれによる祝辞が繰り返されました。路面電車が見直されている昨今に乗って、池袋東口や、三ノ輪橋から東京スカイツリーまで延伸を唱える人もいました。

中には、にわか鉄知識を絡ませて

「この新色にローレル賞を!」

などと声高に提案していた人がいたのには笑えましたww

数ある祝辞の中で、今回の4色は、沿線に咲くバラに因んだものだということを知り、感心した次第です。

Img_9531

祝辞の後は、都電荒川線マスコットキャラクターの発表が、パネルによってお披露目されました。1830件もの一般公募の中から決定したとのこと。今後のイベント時に一役買ってくれることでしょう。

Img_9537

その後、テープカットが行われ、セレモニーは終了。

Img_9590

Img_9594

Img_9600

Img_9617

そして、約30分間の撮影タイム♪今回は撮影時間が短いこともあり、行き先表示変更といったことはありませんでした。それにしてもカラフルですね~♪

Img_9631

イベント終了後には、都電荒川線愛好家として有名(?)な、鉄道ジャーナリストの史絵.さんも登場。

Img_9670

Img_9671

Img_9675

Img_9699

午後からは、全色とも営業運転に入って行きました。ずいぶん賑やかになった都電荒川線カラーラインナップ。撮りに行くのが楽しくなりそうです。ヘッドマーク掲出は1月23日までです。          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

「東京メトロ スマイルフェスタ in AYASE」に行ってきました

Img_8770

12月5日、昨年に続き綾瀬車両基地の一般公開イベントに友人らと参加してきました。今回は「ブルーマングループ」が登場することもあってか、昨年のとは大違いに来場者が多いこと!最寄駅の北綾瀬あたりから会場まで長蛇の列を成していたのには少々ビックリ!

Img_8775

すっかり鉄道イベントでも警察や消防車両の展示も珍しくなくなりました。オフロードタイプの白バイならぬ”赤バイ”がありました。

Img_8780

今回参加した目的は、いよいよ千代田線に投入された新型車両16000系を見たくて♪なんとも歌舞伎顔のような前面ですね~wwデビュー記念のヘッドマークも掲出しています。

Img_8838

06系は結局増備されることはありませんでしたね。

Img_8841

Img_8848_2

左から16000系・06系・6000系との並び。いずれも第1編成で統一してくれていました♪

Img_8856

一足先に新型車両に置き換え中の小田急4000形が留置中。長年、千代田線の顔として活躍してきた6000系も、いよいよ過去のものとなってしまうことに。沿線住民として数多く、小田急線に乗り入れるシーンを見てきただけに、一抹の寂しさがありますね。

Img_8816

今回も、日比谷線で活躍した”マッコウクジラ”こと3000系を公開。

Img_8796

Img_8858

工場棟での車体吊り上げなどの実演も行われていました。

すると、ここで友人1名とも合流!

Img_8797

その友人は「ブルーマングループ」を見にやってきたようです。彼らは鉄道部品オークションに参加していました。午前中には彼らのパフォーマンスステージがあったようですねwwでも、彼らって鉄道部品についてはなーんも知らないだろうなぁぁ。

Img_8812

オークションに出されたのはヘッドマークのほか、マスコンや乗務員扉など多種。友人の一人がマスコンに対して

「2500円!!!!」

と声を上げたのには笑ってしまいました。

Img_8863

当初はさっさと会場を後にするくらいの余裕で構えていたのですが、結局はラストまで居続けてしまいましたwwせっかくなので、前回は訪れなかった車両基地を跨ぐ歩道橋から基地を見下ろしてみることに。休憩スペースとして車内開放していた16000系には「多摩急行 綾瀬」の表示が。

Img_8867

Img_8871

改めて見回すと、かなり奥行きもあって広いんですね!

今回のイベントでは南北線王子車両基地から当基地までを南北線9000系車両で走る特別列車があり、それも撮影対象にあがるものと期待していたのですが、願いが叶わず残念でした。

参加されたみなさん、お疲れ様でした。      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

茨城県2ヶ所で開催された鉄道イベント ~関鉄鉄道の日記念まつり 2~

検修庫に入ってみました。

Img_8147

Img_8148

Img_8150

Img_8151

Img_8152

ここでも1両の床下見学ができるようになっていました。説明書付きはありがたい。

Img_8153

Img_8154

今回、ものすごく新鮮だったのが、現役車両のディーゼルエンジンの生音!

「お~っ!このガラガラという音!」

勝手に興奮していました♪

Img_8159

Img_8160 

Img_8162

初期の頃のエンジンも稼働していました。なんだか凄い爆発音がするんですが…(笑)

Img_8166

旧鹿島鉄道鉾田駅で販売されていた鯛焼きの出店もありました。

Img_8167

さて、日が傾いてきたところで、最寄駅である水海道駅へのシャトルバスで会場を後にしました。

お疲れ様でした。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茨城県2ヶ所で開催された鉄道イベント ~関鉄鉄道の日記念まつり 1~

シャトルバスでやってきたのは、関東鉄道の水海道車両基地。つくばエクスプレスと関東鉄道は、毎年同日にイベントを開催し、お互いの会場をシャトルバスで結んでいるんです。

Img_8078

会場入りしてすぐ目についたのが、1956年日本車両製ディーゼル機関車DD502。おもに工事車両などに使用されています。

Img_8082

ここいらで遅めの昼食。牛すじの煮込みで体を温めます。

Img_8089

Img_8102

さて、会場俳諧を再スタート!2009年に登場した新製車両キハ5000形が、ヘッドマークを掲出して停車中。

Img_8091

どうやら、乗車会が行われているそうで。我々も乗ってみましょう。

Img_8093

Img_8094

Img_8095

都市近郊のディーゼル車とはいえ、車内の作りなどは今どきのスタイルですねー。

Img_8098

随時運転されていますが、途切れることなく人が乗り込んできます。

Img_8096

これに乗車すると記念硬券がもらえます。

Img_8127

乗車区間は、ほんの数メートル程度を往復。わずか数分の乗車体験でした(画像は乗車後に外から撮影)。

Img_8107

Img_8120_2

車両撮影エリアに向かいました。

Img_8105

キハ101のサボ。こうした手書きかつ手差しタイプは貴重ですよね~。

Img_8125

画像左からキハ350形・キハ0形・キハ2300形・キハ100形。両端の車両はいずれも旧国鉄からの払い下げ。これからも息の長い活躍を望みます。

Img_8138

表示幕の変更タイムがあり、キハ0形が「快速下館」になりました。

つづく           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

茨城県2ヶ所で開催された鉄道イベント ~つくばエクスプレスまつり 2~

Img_8022

隣の臨修庫内で催されている「鉄道模型展示・プラレールコーナー」へ。

Img_8024

「鉄道むすめ」秋葉みらいさんが出迎えてくれました。

Img_8026

つくばエクスプレスは、もともと”常磐新線”として常磐線の混雑緩和を目的に旧国鉄が計画していましたが、当時はこのような車両を走らせるつもりだったんですね!二階建て車両もあります。

Img_8029

子供らに大人気のプラレールゾーンには黒だかり!

Img_8031

Img_8035

運行標識類や過去に掲出されたヘッドマークが展示されていました。同線はこうした企画列車を適宜に行ってくれるので、レールファンとしては嬉しいです。

Img_8038

留置線にあった2000系。よく見るとLED表示で「修学旅行」とあります。実際に運行したことがあるんですかね。

Img_8044

Img_8074

2000系増備車を使用したヘッドマーク付き車両展示では、約30分おきにヘッドマークをチェンジ。我々が滞在中は「TXエコトレイン」「筑波山梅まつり」を見ることができました。

Img_8051

運転室見学用車両にもヘッドマークを掲出。それとともに記念撮影する人が絶えません。

Img_8065

つくばエクスプレスでは行き先表示にも最終電車の旨を表示しているんですね。フレキシブルな対応が可能なのもLEDならでは。

Img_8061

保守車両も展示されています。

Img_8058

頑張れ!TXマスコットキャラクター「スピーフィ」。「秋葉みらい」にマスコットの座を奪われるなよww

Img_8063

高所作業台付保線車両の実演が行われていました。

さて、ここからシャトルバスに乗って移動することに。

つづく        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧